日々の問題が早く解決しますように!

レスキューライナー

子供への野球の上手な教え方!

   

子供への野球の上手な教え方!

皆さんは、子供に野球を教えるとき、どのように教えていますか? 自分が野球を経験していてもいなくても、子供に教えるときは何から教えていいのか困りますよね。チームに入っている場合はそこでの練習方法なども考慮しなければならず、難しいところだと思います。更に、教え方を間違えれば、野球そのものへの興味を失ってしまう危険性もあります。そこで今回は、子供への野球の上手な教え方と、やってはいけない教え方について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

うさぎの目はどうして赤いの?

一般的な動物の目は黒や茶色なのにどうしてうさぎの目だけ赤いの...

2時間のウォーキングはどれくらいカロリーを消化するのか?

皆さんは普段運動をしていますか?健康づくりの一環で1時間や2...

トイレに置く観葉植物を100均で買うにはどれを選べばいい?

トイレに観葉植物を置きたいけど、日の入らないトイレで育つ植物...

ちょっと変わった観葉植物10選!珍しい特徴と上手な育て方

世界中にはたくさんの面白くて珍しい植物が存在します。日本では...

お風呂の鏡についた頑固な水垢の落とし方!

お風呂の鏡が気づけば水垢で真っ白!落とそうといろいろ試してみ...

日本生まれの香水ブランド!おすすめ4選!

ブランド物の香水といえば、フランスをはじめ欧米のブランドを思...

登山に必要な持ち物は?人気の高尾山に便利な持ち物!

富士山とともにミシュランの旅行ガイドで3ツ星に認定された高尾...

初めての高尾山デート。普段の服装でも登れるの?

今や世界的な観光地となった高尾山。そんなテレビでもよく見る話...

登山で絶景を楽しむ!初心者おすすめスポット!!

山の頂上や稜線からのぞむ普段見ることのできない絶景は、それま...

登山には登山の服装を!賢い登山用ズボンの選び方!

街中でもよく見かけるようになった登山ウェア。特に最近は街での...

ソロ登山を楽しむための便利な持ち物!

気がおけない仲間と語り合いながら共に自然を楽しむ山行も格別で...

自転車の交通事故で増えている、ながらスマホでの運転事故!

最近ニュースでもよく取り上げられる、自転車事故。その原因とし...

タバコの販売ってどれくらい儲けられるの?

タバコは今コンビニでも販売していますので、大半の方はコンビニ...

仕事を辞める時、何ヵ月前に会社に伝える?

皆さんは仕事を辞めたいと思った経験がありますか?残業が多い、...

エアコンのカビを取るにはアルコールが便利?

みなさんエアコン掃除はどうされていますか?最近は梅雨の時期に...

兄弟や姉妹、兄妹や姉弟のあるある !

皆さんには兄弟がいますか?よく血液型であなたはこんな性格です...

服が漂白剤で色落ちしてしまった時は元に戻る?

服が汚れてしまった時に漂白剤で汚れを落とそうとする方は多いの...

コインランドリーの乾燥機を使うと縮むの?

コインランドリーの乾燥機は、雨が続く梅雨の時期や、家庭では難...

犬と人間の関係性は?子どもがいる家庭で飼っても大丈夫?

最近では犬を家族の一員として飼っている家庭が多いですよね。犬...

日本独自の絵画とは?様々な種類の日本絵画を紹介!

絵画をはじめとした「芸術の都」といえば、パリをはじめヨーロッ...

スポンサーリンク


子供に野球を教えるときのポイント

子供に野球を教えるときの全体的なポイントについて見ていきましょう。まずは教える内容についてですが、野球に関する具体的なことは学校やチームで教わりますので、親から教えられることは、技術面ではなくメンタル面が主となります。親はあくまでサポートであることを忘れないようにしましょう。メンタル面で教えるべき最も重要なことは、練習を継続することと、基本を大切にすることです。継続は力なり、という言葉がある通り、何事も継続が大切です。そして同時に基本、基礎も重要です。基盤がしっかりしていないと、その上に何が築かれたとしても、崩れてしまいますよね。ですので、この2つを辛抱強く、教えてみましょう。それでは、そのためにはどのように練習していけばいいのでしょうか。まずは、練習を始める前に、その日のテーマを決めてみましょう。そして、そのテーマについての疑問と答えを子供と話し合って共有します。例えば、バッティングであれば、正しいバットの振り方がテーマだった場合、バットを正しく振るにはどこを改善すべきかを疑問をして挙げ、その答えを子供と話し合うことで共有するのです。そうすることで、子供自身に考える力が鍛えられますし、子供とのコミュニケーションもとれます。そうしてテーマを決めたら、その答えに基づいて練習を始めましょう。練習を手伝う場合、客観的な視点から指導するようにしましょう。そうすることで子供は自分では気づかない事に気づくことができ、より能力を伸ばすことができます。

子供への投球の教え方

家庭でも教えられる具体的な部分の教え方について見ていきましょう。まずは投球からです。投げ方を教える方法ですが、まずは投げ方やグラブの構え方などを見せて教えてから、実際に投げてみましょう。違う箇所があれば、その都度、修正するようにしてください。投球は、スタート地点から間違ってしまうと、後の修正に時間がかかります。最初は、多少の時間をかけたとしても、手取り足取り、正しい形を教え込みましょう。ただ、相手は子供ですから、ずっとキャッチボールだけというのも、飽きてしまうかもしれません。1週間に1度でいいので、バッティングなどの練習もさせてあげると継続するでしょう。

子供へのバッティングの教え方

次にバッティングです。練習をする上で頭に入れておきたいのが、バッティングの基本は素振り、ということです。ただの素振りではなく、体全体を使うようなものがいいでしょう。目標としては、体を上手く使い飛距離を伸ばすことです。主な練習は素振りになりますが、ティーバッティングが出来る環境があるのであれば、実際にボールを打つ方が体を上手く使う練習には適しているでしょう。体全体を使うような素振りやティーバッティングでの練習方法は、ボールがバットに当たる瞬間に、どれだけボールにバットの力を加えられるかが重要になります。仮に体全体を使うような素振りを繰り返したところで、大振りになっては、うまくボールに力が加えられません。ではどのような振り方がいいのでしょうか。理想としては、腰の回転を使い、コンパクトに振る方法です。腰の回転を使うには、きちんと脇をしめ、絞り出すように振るといいでしょう。右打ちなら左打ちの練習をすると、体のバランスが良くなります。他にも、短いバットで素振りをしたり、体幹トレーニングをしたりする練習方法もあります。子供に合った練習法を選びましょう。

子供への捕球の教え方

捕球の教え方について見ていきましょう。捕球の練習をするときは、公園などの広い場所で、周りの安全を確保しながら練習しましょう。まずは、ゴロとフライの捕球姿勢です。こうした捕球をする場合は、捕球する時だけ、打球の正面に入るようにしましょう。ただし、ショートの位置でゴロが飛んできたら、正面には入らず、ボールより少しサードに寄って位置取りしましょう。そうして左に体勢をずらしながらボールをキャッチし、その勢いを生かして送球すると流れがスムーズになります。何故、正面に入らないかというと、正面からバウンドを見ると、バウンドの高さが把握しにくいからです。しかし、サードに寄って、斜めからバウンドを見ると、高さがより正確に把握でき、ボールに合わせて捕球できます。その上、捕った勢いのまま送球できるようになります。基本は正面、ショートでのゴロの捕球はサード寄り、と覚えておきましょう。

子供に野球を教える上で注意するポイント

子供に野球を教える上で注意するポイントについて見ておきましょう。まず、子供との練習を始める前の注意点ですが、テーマを決め、それに対する疑問と答えを共有するときは、まずは子供に考えさせるようにしましょう。親が答えを先に出してしまうと、他の考え方ができなくなる上に、考える力が鍛えられません。次に、練習を始めてから、何か誤りを見つけたときの注意点ですが、誤りを指摘するだけでなく、正しい方法もしっかり教えてあげましょう。特に基礎を教えるときは、わかるまで、できるまで教えるようにしてください。すぐにはできなくても、焦ることなく、じっくり反復練習をさせましょう。最後に練習の内容についてですが、相手が小学生の場合は、筋トレをさせるのは避けましょう。無理な練習、筋トレは成長の妨げになる可能性があります。まずは基礎から、ゆっくり練習していきましょう。

まとめ

子供に野球を教えるのは難しいですよね。しかし、野球の練習を通して、子供とのコミュニケーションをとれれば、野球以外のことで何かに躓いたとしても、一緒に乗り越えられるでしょう。皆さんが野球などを通して、子供と素敵な時間を過ごせますように。

 - スポーツ 雑学 おもしろ

ページ
上部へ