日々の問題が早く解決しますように!

レスキューライナー

ボールペンやマジックの水性と油性の特徴〜見分け方は?

   

ボールペンやマジックの水性と油性の特徴〜見分け方は?

皆さんはボールペンやマジックの水性と油性の見分けがつかず、困ったことはありませんか? いざ、ペンを手に取った時に水性か油性かわからないと、少なからず困るシーンはあるかと思います。裏移りさせたくない場合や、ペンのインクをのばしたくない場合など、見分けをつけたい場面は様々ありますが、そもそも水性と油性はどのような違いがあるのでしょうか。今回は、水性と油性の特徴、見分け方をボールペンとマジックに分けて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

登山初心者が知りたいリュックの容量 !

これから登山を始める方が知りたい事ってたくさんあると思います...

はじめての登山テント泊を快適にする便利グッズ !

日帰り登山から始まり小屋泊も経験したところで挑戦したくなるの...

手軽に登れる登山初心者にもおすすめしたい福岡の山!

九州の玄関口である福岡県。政令指定都市を2つも有する日本有数...

初めての登山で知っておきたいリュックの詰め方 !

登山をはじめるにあたって大切な3つの道具、リュック・ウェア・...

登山でテント泊を楽しむためのルール

山小屋の周りでカラフルなテントが立ち並ぶ光景を目にしたことが...

週末に行く関東日帰り登山が出来る百名山~中級編~

週末はできるだけ山にいたいと言う方が最近増えています。東京及...

万が一の雨登山でも心強い持ち物 !

待ちに待った登山の日、雨に降られてしまうのはなんとも嫌なもの...

日帰りや小屋泊に便利なバックパック30Lのおすすめ商品

日帰りにも小屋泊にも便利に使え、初心者が最初に持つバックパッ...

登山だけじゃない街にも合う服装が楽しめるおすすめブランド

過酷な自然環境から身を守ってくれる耐久性と機能性を備えた登山...

さあ登山デビュー!初心者だからこそ気を配りたい服装とは!

学校や職場で最近登山にはまっているって話しを聞く事ありません...

登山初心者におすすめしたい、快適登山の基本の持ち物。

「登山を始めたいけど、何を持っていったら良いのかわからなくて...

関東エリアの日帰り登山は電車でいこう!

「登山は荷物も多いし汗もたくさんかいて汚れるから、着替えもで...

窓のないトイレで上手に観葉植物を育てる方法と対処法!

マンションやアパートではトイレに窓がないことがほとんどですよ...

日々のトイレ掃除!どこから手を付けたらいいの?

トイレは毎日使う場所なので清潔に保ちたいですよね。でも油断し...

一人暮らしを初めてするのにかかる費用は?

大学進学や、社会人のため一人暮らしを始めたいなと考える人も多...

布団に発生したカビは洗濯で取り除くことができるのか ?!

ある日突然布団にカビが!!なんて経験がある方もいるのではない...

観葉植物でおしゃれな部屋に!初心者でも始めやすい?

部屋のインテリアとしても注目の観葉植物は今とても注目の人気ア...

酢は肌にどんな効果を与えるのか

健康にいいとして知られている酢ですが、実は健康だけでなく肌に...

観葉植物を初心者が育てるときのオススメ種類&アイテム!

部屋に観葉植物を取り入れたいと思いながらも、なかなか手が出な...

良い事づくめの断捨離で部屋を整える効果とは?!

断捨離という言葉を知ってますか?単純に無駄な物を捨てて部屋を...

スポンサーリンク


水性と油性の見分け方

水性と油性の見分け方を、ボールペンとマジックに分けて見ていきましょう。まずはボールペンです。ボールペンの水性と油性の見分け方は、プラスチックの表面に書いて見て、指やティッシュなどで擦るのが一番わかりやすいとされています。プラスチックは、お弁当の蓋やペットボトルなどの手ごろなもので大丈夫です。では、早速書いた時の違いについて見ていきましょう。油性ボールペンの場合、書き出しは硬く、プラスチックなどに書いても、うまくインクがのりません。水性ボールペンの場合は、インクのりはいいですが、擦るとのびたり、消えたりしてしまいます。つまり、プラスチックに書いてみて、擦ってのびたら水性、のびなかったら油性、ということです。次に、マジックについてですが、こちらも方法は変わりません。プラスチックの表面に書いて、擦るだけです。しかしマジックの場合、油性の時にインクのりがよく、すぐに乾き、水性の時にインクはのらずに弾かれてしまいます。そして水性の場合、乾くのも遅く、乾いたとしてもインクは剥がれやすくなります。つまり、マジックの場合、プラスチックに書いてすぐに乾くのが油性で、しばらく乾かず、インクが剥がれてしまうのが水性ということになります。

水性ボールペンと油性ボールペンの特徴

水性ボールペンと油性ボールペンの特徴について見ていきましょう。まずは水性ボールペンの特徴からです。水性ボールペンは溶剤である水のほか、染料や添加剤などが主な成分となっています。特徴としては発色がよく、様々な色をつくることができ、カラーバリエーションが豊富という点があります。インクの粘度は低くサラサラと書けるのも特徴のひとつです。大抵の水性ボールペンの場合、染料は水分に弱くにじんでしまうこともありますが、染料に顔料を用いている場合、油性ほどではありませんが耐水性もあるため、にじむのを防ぐことができます。書いた時の書き味も軽く滑らかで、長時間使用しても疲れないという特徴があります。

次に油性ボールペンの特徴について見ていきます。油性ボールペンは溶剤である樹脂などのアルコール系溶剤に、染料、添加剤が主な成分となっています。この場合の染料は、布などを染める着色料を用いることが多いです。油性ボールペンの特徴としては、耐水性に長けている点があります。これは溶剤である油が水を弾く性質を持っているためです。インクの粘度は高く、紙を汚しにくいだけでなく、変色が起こりにくい、長期保存ができる、なども特徴として挙げられています。

水性マジックと油性マジックの特徴

水性マジックと油性マジックの特徴について見ていきましょう。まずは水性マジックです。水性マジックはボールペンと同じく、溶剤である水と染料である着色料が主な成分となります。ボールペンと同じ特徴として、発色が鮮やかで、耐水性が低い点などがあります。他にも乾きが遅く裏移りしにくいなどの特徴があります。また、ボールペンと同じく染料に顔料が含まれている場合、乾きが遅いのに変わりはありませんが、油性と同様に色落ちしにくい特徴を持っています。水性マジックの中には樹脂を配合しているものもありますが、その場合はプラスチックやガラス・金属に書いても弾かれることなく書くことができますが、油性と違ってシンナー臭は少ないとされています。

次に油性マジックの特徴を見ていきましょう。油性マジックはアルコール系の溶剤と染料である着色料が主な成分となっています。特徴は水性マジックとは正反対で、乾きが早く、裏移りしやすい傾向にあります。紙だけでなく、プラスチックや金属にも書きやすく、耐水性も高いため、一見便利にも思えますが、塗装面などの表面を溶かしてしまう危険性もあります。事前に溶けないか確認しておきましょう。また、溶剤がアルコール系であることから、シンナー臭が強く、長時間使用する際は換気することをお勧めします。

水性と油性の特徴の違い

それぞれの特徴について見てきましたが、ここで一度、それぞれの特徴を見比べてみましょう。まずは水性ボールペンと油性ボールペンです。書き味の違いにとしては、水性の場合、粘度が低いため、書き出しも軽く、滑らかな一方、油性の場合は粘度が高いため、少々書き出しが重くなるという結果になりました。また、耐水性は油性の方が高く、インクも長持ちするため、長期保存には油性ボールペンが向いているといえるでしょう。

次に、水性マジックと油性マジックの特徴を比べてみましょう。マジックの場合の水性と油性の大きな違いは、乾きの早さです。水性の乾きの遅さに比べて、油性はすぐに乾き、消えにくい特徴があります。しかし、油性マジックは裏移りしやすく、水性マジックは裏移りしにくいという正反対の特徴を持っています。また、ボールペンと同じく、耐水性も油性の方が高く、水性にも耐水性の高いものはあるにせよ、油性には及ばないものがほとんどのようです。

水性と油性の見分け方のポイント

水性と油性の見分け方のポイントについて確認しておきましょう。まず、見分け方のおさらいですが、最初に説明した通り、ペットボトルやお弁当の蓋などのプラスチックに書いて見分けます。見分け方のポイントとしては、ボールペンであれば、書き出しと、擦った後のインクの様子です。書き出しが重く、擦ってものびたり消えたりしないのが油性、書き出しは軽く、擦ったらのびたり消えたりするのが水性のボールペンです。水性ボールペンで、染料に顔料が含まれている場合においても、結果的に伸びてしまう場合が多いようです。マジックの場合のポイントは、乾きの早さです。書いてすぐに乾いたら油性、弾かれたり、なかなか乾かなかったりしたら水性ということです。水性マジックで、樹脂を含んでいる場合は、弾かれないことがあるようですが、乾きの遅さや乾いた後にインクが剥がれやすいのは変わりありませんので、乾くまでの様子をしっかり見ておきましょう。

まとめ

これらの特徴、見分け方を知っておけば、万が一、分からなくなった場合も安心ですね。また、これらの特徴を頭に入れておけば、書く素材によってペンを使い分けることもできそうです。皆さんが水性と油性を上手に見分け、使い分けて、楽しい生活を送ることができますように。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ