日々の問題が早く解決しますように!

レスキューライナー

焼酎や日本酒、初心者でも飲みやすいのは?

   

焼酎や日本酒、初心者でも飲みやすいのは?

皆さんはお酒を飲むとき、どのようなお酒を飲みますか? ビールに酎ハイ、ワインなど、お酒にもさまざまありますが、今回焦点を当てるのは焼酎と日本酒です。焼酎や日本酒、というと、他のお酒に比べると、少し身構えてしまいますよね。そもそも、焼酎と日本酒ってどう違うの? という疑問を持つ人も少なくはないでしょう。更に、日本酒は種類も多いため、どれから挑戦すればいいのか、わからないことも多いです。そこで、今回は焼酎や日本酒の中で、初心者でも飲みやすいものについて、2つの違いから飲み方まで調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

子どもが付ける【ぬいぐるみ】のよだれの洗い方について!

子供が大事にしているぬいぐるみ。定期的に洗っていますか? 見...

香水の種類について!参考にしたい女性に人気の香水

香水は、おしゃれな女性、男性に大人気なアイテム。人それぞれ好...

メダカの稚魚とタニシを一緒にしても大丈夫?

メダカは育てやすい生き物として人気で、学校で飼育した人も多い...

ブレーカーが落ちる理由と電気代について !

ご自宅のブレーカーが落ちたことありますか?ドライヤーとオーブ...

一人暮らしを初めて始めるにあたり必要な費用とは?

社会人や大学生になり、一人暮らしを始める方が増える春。初めて...

失業保険申請の仕方は?登録や取り消しで注意すること!

失業した時に再就職するまでの期間は、収入がゼロとなり生活が大...

淡水と海水の浮力について!

みなさん淡水と海水という言葉を耳にしたことがあるかと思います...

ヤフオクのトラブル対処法とは?通報と救済措置

ヤフオクは、メルカリやRakumaよりも歴史があり、個人オー...

高校生のメイク事情!学校メイクの仕方とは?

最近では、高校生でもメイクをするのは当たり前!それは休日に限...

毎日排出されるコンビニのゴミはどうなる?

みなさんがよく利用するコンビニのゴミ箱。誰でも一度はコンビニ...

おしゃれな服のブランド集まれ!安いだけじゃない魅力とは?

ファッションに興味がある方もそうではない方も、誰もが必ず毎日...

コンビニのレジ打ちのやり方について!

コンビニでバイトしている方はもちろん、レジ打ちをしてみたい、...

猫の匂い袋の正体と対処法は?

猫の肛門の下には、匂い袋と言われている袋があります。匂い袋に...

年末調整で住民税を申告しなければならない人とは?

確定申告というと、国に所得税を納めなければいけないというイメ...

メダカの産卵成功のコツ!時期やポイントについて!

ご自宅や小学生の授業の一環としてメダカの飼育を経験したことが...

動物病院の料金はどのくらい?捨て猫を拾ったときの対処法

猫ってとってもかわいいですよね。犬よりも道端で見かけることも...

ベタの飼育に適した水槽や掃除の仕方は?

ひらひらとしたヒレや美しい色、コップやびんでも飼える手軽さで...

主婦の仕事は大変!うまく乗り切るには?

主婦の仕事は、手を抜こうと思えばいくらでも手を抜くことができ...

犬の鳴き声でご近所トラブル!?鳴き声を止める方法

犬を飼っていると、どうしてもついて回るのがご近所トラブル。無...

本籍と住所が違うのは何かこの先問題が起こる!?

本籍と住所。似ているようで全然違うものなんです。そもそも本籍...

スポンサーリンク


焼酎と日本酒の違い

焼酎と日本酒の違いについて簡単に見ていきましょう。何かと一緒くたにされやすい焼酎と日本酒ですが、実はこの2つは作り方が違います。日本酒は、穀物や果実を醸造して造る「醸造酒」で、焼酎は醸造したお酒をさらに蒸留した「蒸留酒」という分類になります。日本酒の場合、原料である米を、麹の酵素の働きでデンプンを糖に分解させた上で、それを酵母によって発酵させています。このため、日本酒はまろやかで深い味わいを醸し出せるのです。一方で、蒸留酒は、蒸留器という機械を使ってアルコールを濃縮していくことでアルコール度数を上昇させて造るため、アルコール度数の高いお酒が多いです。普段見かけるお酒をこの2つで分けるなら、日本酒やビール、ワインなどが醸造酒で、焼酎やウイスキー、ブランデーなどが蒸留酒になります。このように、日本酒と焼酎は、作り方も味も度数も、全く違うお酒なのです。

日本酒でも飲みやすい「特定名称酒」

日本酒の中でも飲みやすいとされている「特定名称酒」について見ていきましょう。「特定名称酒」とは、日本酒といえばよく聞くことになる「大吟醸」「純米吟醸」などの日本酒を指します。これはある一定の基準を満たすと表示でき、この規定に当たらないものが、普通酒や一般酒と呼ばれています。この特定名称酒は吟醸酒・大吟醸酒・純米酒・純米吟醸酒・純米大吟醸酒・特別純米酒・本醸造酒・特別本醸造酒と8種類あり、アルコール添加の有無や精米歩合の割合によって分けられています。精米歩合とは、日本酒の主原料となる玄米の表面の「ぬか」をどのくらい削ったかを表したものです。この精米歩合によって香りが違うため、日本酒独特の香りが苦手という人は、精米歩合が高い日本酒を選ぶといいでしょう。また、こうした飲みやすいさの点から、初心者は普通酒よりも特定名称酒を飲み比べるのをお勧めします。

香りと味わいで選ぶ日本酒

香りと味わいによる日本酒の種類について見ていきましょう。日本酒は香りと味わいによって「薫酒」「爽酒」「醇酒」「熟酒」の4種類に分けることができます。早速、それぞれ見ていきましょう。まずは薫酒ですが、これは大吟醸や吟醸酒などの精米歩合が高いものを指します。このタイプは香りが高く、ワインに似た果実や花のような香りを楽しめます。これらは種類によっては甘味もあるので、お酒自体が苦手、日本酒がダメという人でも飲みやすいタイプになっています。次に爽酒は、本醸造などが分類され、薫酒と違って香りが強くなく、さっぱりとした味わいがあります。そのため、食べ物の味を邪魔しないということから、料理に合わせやすいお酒になっています。次に醇酒は純米酒が多く、爽酒と同様に香りは強くありませんが、味がしっかりとしたお酒です。また、醸造アルコールが加えられていない分、お米本来の旨味やコクが味わえる。最後に熟酒は、長期的に熟成されたお酒がここに分類されるものになります。その名の通り、熟成させているため、味と香りに深みが生まれます。粘度が高く、とろりとした濃厚なテクスチャで、飲み応えのあるお酒になります。

焼酎で飲みやすい種類

焼酎の中でも飲みやすい種類について見ていきましょう。焼酎には、米、麦、芋の3つの銘柄と「甲類」「乙類」の2つの種類があり、それぞれに味や香りに特徴があります。それでは銘柄から細かく見ていきましょう。まずは麦焼酎ですが、これは香りにクセのなく、すっきり飲みやすいという特徴があります。焼酎を始めて飲む、という人には麦がお勧めです。

次に芋焼酎です。これは、糖度が高いさつまいもを原料として使用しているため、芳醇な甘みのある香りが強く残るお酒となっています。原料となる芋の品種によって味が変わるため、様々な楽しみ方ができます。また、お湯や水で割っても、味が薄まりづらく、美味しく飲めるので、度数が強いのは苦手だが、お酒の味自体は楽しみたいという人は、割って飲むといいでしょう。

最後に米焼酎は、米と水だけでできたお酒です。なので、もともと同じく米が主原料の日本酒が好きな人は米焼酎から始めるといいでしょう。味わいとしてはさわやかでフルーティなため、さらりと飲める淡麗な飲み口です。そのため女性などにも飲みやすいお酒となっています。飲み方としては、おいしい氷や水で割って飲むといいでしょう。次に「甲類」と「乙類」ですが、これらは蒸留方法が異なります。甲類は連続式蒸留機を、乙類は単式蒸留機を使用して蒸留しており、それによって味わいも変わってきます。何度も蒸留を繰り返すことにより、無色透明でクセのない純粋な味わいの甲類とは打って変わって、シンプルな蒸留方法である乙類は、原料の風味の生かされた味わいとなっています。銘柄だけでなく、こうした蒸留方法の違いによっても味わいが異なるため、焼酎をこれから飲み始めるという人は、そうした部分をチェックしてみるといいでしょう。

日本酒と焼酎の一般的な飲み方

日本酒は常温で飲むことが多く、この飲み方を「ひや」といいます。お酒が凍るギリギリの0℃に近くから、熱くて飲めるか飲めないか位の60℃に近くまで温度を変えることで、味や香り、料理との相性を変えて楽しむことができます。ロックで飲んだり、炭酸で割ったりするだけでなく、日本酒を使ったカクテルも存在し、日本酒の楽しみ方は多くあるのです。

次に焼酎の飲み方ですが、これは種類によって異なります。乙類ならそのまま飲んだり、ロックにしたり、水やお湯、炭酸で割ったり、することが多いです。焼酎はアルコール度数が高いため、飲みやすい飲み方、香りを楽しめる飲み方をお勧めします。甲類の場合は、元々味や香りが薄いため、お茶やジュース類で割ることが多いようです。一般的な酎ハイやサワーなどは、ほとんどこの甲類を割ったものになります。このように、焼酎や日本酒には、様々な飲み方があるのです。

まとめ

焼酎や日本酒は種類も銘柄も様々で、文章で読んだだけでは、なかなかわからないことも多いと思います。もしも身近にお酒に詳しい人がいるのであれば、一緒に飲み比べしてみてもいいでしょう。皆さんが自分に合ったお酒に巡り会えますように。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ