日々の問題が早く解決しますように!

レスキューライナー

離乳食を食べる時、スプーンを持ちたがる赤ちゃん対策!

   

離乳食を食べる時、スプーンを持ちたがる赤ちゃん対策!

皆さんは離乳食を食べ始めた赤ちゃんがスプーンを持ちたがるために、食事が思うように進まない、という経験はありませんか? 自分で持ちたがるからと持たせて食べさせようとしても、ひっくり返したり、スプーンでお皿を叩いたり、上手に食べることができません。中にはイライラしてしまうお母さんもいるのではないでしょうか。そこで、今回は、離乳食を食べる時にスプーンを持ちたがる赤ちゃんについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

登山初心者が知りたいリュックの容量 !

これから登山を始める方が知りたい事ってたくさんあると思います...

はじめての登山テント泊を快適にする便利グッズ !

日帰り登山から始まり小屋泊も経験したところで挑戦したくなるの...

手軽に登れる登山初心者にもおすすめしたい福岡の山!

九州の玄関口である福岡県。政令指定都市を2つも有する日本有数...

初めての登山で知っておきたいリュックの詰め方 !

登山をはじめるにあたって大切な3つの道具、リュック・ウェア・...

登山でテント泊を楽しむためのルール

山小屋の周りでカラフルなテントが立ち並ぶ光景を目にしたことが...

週末に行く関東日帰り登山が出来る百名山~中級編~

週末はできるだけ山にいたいと言う方が最近増えています。東京及...

万が一の雨登山でも心強い持ち物 !

待ちに待った登山の日、雨に降られてしまうのはなんとも嫌なもの...

日帰りや小屋泊に便利なバックパック30Lのおすすめ商品

日帰りにも小屋泊にも便利に使え、初心者が最初に持つバックパッ...

登山だけじゃない街にも合う服装が楽しめるおすすめブランド

過酷な自然環境から身を守ってくれる耐久性と機能性を備えた登山...

さあ登山デビュー!初心者だからこそ気を配りたい服装とは!

学校や職場で最近登山にはまっているって話しを聞く事ありません...

登山初心者におすすめしたい、快適登山の基本の持ち物。

「登山を始めたいけど、何を持っていったら良いのかわからなくて...

関東エリアの日帰り登山は電車でいこう!

「登山は荷物も多いし汗もたくさんかいて汚れるから、着替えもで...

窓のないトイレで上手に観葉植物を育てる方法と対処法!

マンションやアパートではトイレに窓がないことがほとんどですよ...

日々のトイレ掃除!どこから手を付けたらいいの?

トイレは毎日使う場所なので清潔に保ちたいですよね。でも油断し...

一人暮らしを初めてするのにかかる費用は?

大学進学や、社会人のため一人暮らしを始めたいなと考える人も多...

布団に発生したカビは洗濯で取り除くことができるのか ?!

ある日突然布団にカビが!!なんて経験がある方もいるのではない...

観葉植物でおしゃれな部屋に!初心者でも始めやすい?

部屋のインテリアとしても注目の観葉植物は今とても注目の人気ア...

酢は肌にどんな効果を与えるのか

健康にいいとして知られている酢ですが、実は健康だけでなく肌に...

観葉植物を初心者が育てるときのオススメ種類&アイテム!

部屋に観葉植物を取り入れたいと思いながらも、なかなか手が出な...

良い事づくめの断捨離で部屋を整える効果とは?!

断捨離という言葉を知ってますか?単純に無駄な物を捨てて部屋を...

スポンサーリンク


離乳食でスプーンを持ちたがるのは自我の芽生え

離乳食でスプーンを持ちたがる時期について見ていきましょう。離乳食でスプーンを持ちたがる時期というのは、離乳食が進む9〜11か月頃です。この頃になると、赤ちゃんは強い自我が芽生え、自分で食べたいものを指さしたり、自分でも食べようとしたりします。つまり、離乳食でスプーンを持ちたがるのは赤ちゃんがしっかり成長している証拠なのです。せっかく芽生えた赤ちゃんの意思はできるだけ尊重しましょう。とはいえ、スプーンを赤ちゃんに渡して、任せっぱなしにしてしまうと、赤ちゃんはスプーンを上手に使えませんし、当然食べ物は口に入りませんから、お腹は満たされませんし、赤ちゃんはご機嫌斜めになってしまいます。食事中に癇癪を起こしてしまう赤ちゃんがいるのは、こういうわけなのです。以上のことからわかるように、赤ちゃんが離乳食でスプーンを持ちたがるのは、赤ちゃんが成長し、自我が芽生えたからなのです。

赤ちゃんがスプーンを持ちたがる場合の対処法

赤ちゃんがスプーンを持ちたがる場合の対処法について見ていきましょう。先程、述べた通り、赤ちゃんがスプーンを持ちたがるのは、自我が芽生えたからで、できるだけその意思は尊重したほうがいいのですが、尊重させた上で食事も進めるにはどうしたらいいのでしょうか。早速対処法を紹介します。まず、そういう時は、いっそ、スプーンで好きなだけ遊ばせてみましょう。赤ちゃんは食べ物やスプーンなどの、初めて見る物に興味を示し、見たり触ったりしてみたいという気持ちになります。その好奇心を満たしてあげれば、スプーン遊びにも飽きが来ます。とはいえ、ずっと遊ばせるわけではありません。あらかじめ、スプーンを余分に用意しておき、そのうちの1本を赤ちゃんに渡して遊ばせた上で、隙を見て、別のスプーンでご飯をあげるのです。こうすることで、赤ちゃんの好奇心もお腹も満たされ、食事がスムーズに進みます。ただし、こうした方法でも、赤ちゃんの周りの机は汚れてしまいます。というよりも、赤ちゃんの食事というのは、汚れはつきものです。机が汚れるのは覚悟して、赤ちゃんが机を汚しても、怒らないように心がけましょう。心に余裕を持って接さないと、怒られてばかりでは、赤ちゃんはご飯を食べるのが嫌になってしまう可能性もあります。赤ちゃんがスプーンを持ちたがるなら、いっそ持たせ、机が汚れるのは承知の上で、食事を進めるようにしましょう。

赤ちゃんとスプーンの練習をしてみる

ある程度、赤ちゃんがスプーンに慣れてきたら、今度は赤ちゃんとスプーンを使う練習をしてみましょう。その前に、手掴みで食べることを覚えさせてみてもいいでしょう。手掴みで赤ちゃんが自分で口に食べ物を運ぶことで、自分で食べられる量などを学ぶことができます。そうして赤ちゃんが自分で食べれられる量を覚えたら、今度はスプーンを使って食べるということを覚えさせましょう。まずは、赤ちゃんに自分でスプーンを握らせましょう。そして、一緒にすくって、食べさせます。すると、赤ちゃんは自分で食べたような気分になります。これを繰り返すことで、赤ちゃんは、スプーンはご飯を食べる道具であり、すくう物であるという認識を少しずつ持ってくれるでしょう。

時期に合った離乳食のスプーンを選ぼう

赤ちゃんの成長に合わせた使い分けについて見ていきます。離乳食のスプーンには、様々な素材、形、大きさのものがあります。中でも形や大きさについては、時期によって使い分けなければなりません。まず、生後5〜6ヶ月の頃は、食べるものがとろとろの形状のものなので、スプーンですくってそのまま口に入れられるヘッドの小さいタイプが合います。次に、生後7〜8ヶ月になると、一口で食べられる量が増えるため、サイズを一回りほど大きくしましょう。更に進んで生後9〜11ヶ月ともなると、赤ちゃんが自分でスプーンを持ちたがり出す頃ですので、赤ちゃんの使いやすさを重視したスプーンにしましょう。このように、時期に合わせてスプーンを選ぶことで、食事がスムーズになります。

赤ちゃんの好みに合わせて離乳食のスプーンを選ぼう

赤ちゃんの好みに合わせた離乳食のスプーンの素材について見ていきましょう。スプーンの素材は赤ちゃんによっては好き嫌いが分かれ、嫌いな素材ではスプーンを口に入れたがらないため、スムーズに食事を進める上で、重要になってきます。それでは早速、素材別に見ていきましょう。まずはプラスチック素材のものです。プラスチックは軽いため、赤ちゃんでも持ちやすく使いやすい上に、口当たりも優しいというメリットがあります。消毒できるタイプのものであれば、衛生面でも安心なため、使っている人は多いでしょう。ただし、色の濃い食べ物を食べさせると、スプーンに色がついてしまうこともあるので要注意です。次にステンレス素材です。ステンレスは汚れが落ちやすく、お手入れしやすい上に、形が変わりにくいために、長いこと使うことができるお母さんには助かる素材ですが、口に入った時の感触が苦手な赤ちゃんも少なからずいるため、要注意です。最後に木の素材です。これは口当たりが優しく、軽いため、赤ちゃんには嬉しい素材ですが、木であるため、耐久性には劣ってしまいます。また、長い時間水に浸けると傷んでしまうこともあるため、使用後はすぐに洗って乾かしましょう。このように、スプーンには様々な素材があり、それぞれにメリットとデメリット、そして赤ちゃんとの相性があるので、色々と試してみてもいいかもしれませんね。

まとめ

離乳食のスプーンを持ちたがるのは成長の証であるため、喜ばしいこととして受け止めて、心にゆとりをもった食事ができると理想的ですよね。皆さんが、赤ちゃんとの素敵な時間を過ごせますように。

 - 教育 子育て

ページ
上部へ