日々の問題が早く解決しますように!

レスキューライナー

猫の発情期には綿棒が効果的?

   

猫の発情期には綿棒が効果的?

ご自宅で猫を飼ったことがある人なら、発情期の猫の鳴き声やスプレー行為に困ったことがあるかと思います。そこで今回は猫の発情期についてや、発情期に効果的な綿棒での対処法をまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

メダカの稚魚とタニシを一緒にしても大丈夫?

メダカは育てやすい生き物として人気で、学校で飼育した人も多い...

ブレーカーが落ちる理由と電気代について !

ご自宅のブレーカーが落ちたことありますか?ドライヤーとオーブ...

一人暮らしを初めて始めるにあたり必要な費用とは?

社会人や大学生になり、一人暮らしを始める方が増える春。初めて...

失業保険申請の仕方は?登録や取り消しで注意すること!

失業した時に再就職するまでの期間は、収入がゼロとなり生活が大...

淡水と海水の浮力について!

みなさん淡水と海水という言葉を耳にしたことがあるかと思います...

ヤフオクのトラブル対処法とは?通報と救済措置

ヤフオクは、メルカリやRakumaよりも歴史があり、個人オー...

高校生のメイク事情!学校メイクの仕方とは?

最近では、高校生でもメイクをするのは当たり前!それは休日に限...

毎日排出されるコンビニのゴミはどうなる?

みなさんがよく利用するコンビニのゴミ箱。誰でも一度はコンビニ...

おしゃれな服のブランド集まれ!安いだけじゃない魅力とは?

ファッションに興味がある方もそうではない方も、誰もが必ず毎日...

コンビニのレジ打ちのやり方について!

コンビニでバイトしている方はもちろん、レジ打ちをしてみたい、...

猫の匂い袋の正体と対処法は?

猫の肛門の下には、匂い袋と言われている袋があります。匂い袋に...

年末調整で住民税を申告しなければならない人とは?

確定申告というと、国に所得税を納めなければいけないというイメ...

メダカの産卵成功のコツ!時期やポイントについて!

ご自宅や小学生の授業の一環としてメダカの飼育を経験したことが...

動物病院の料金はどのくらい?捨て猫を拾ったときの対処法

猫ってとってもかわいいですよね。犬よりも道端で見かけることも...

ベタの飼育に適した水槽や掃除の仕方は?

ひらひらとしたヒレや美しい色、コップやびんでも飼える手軽さで...

主婦の仕事は大変!うまく乗り切るには?

主婦の仕事は、手を抜こうと思えばいくらでも手を抜くことができ...

犬の鳴き声でご近所トラブル!?鳴き声を止める方法

犬を飼っていると、どうしてもついて回るのがご近所トラブル。無...

本籍と住所が違うのは何かこの先問題が起こる!?

本籍と住所。似ているようで全然違うものなんです。そもそも本籍...

年末調整と住民税の申告について

社会人になるとついて回るのがこの税金関係。人生において必ず知...

パンのカロリーが高いのはなぜ?ダイエットとの関係は?!

パンのカロリーはなぜ高いのでしょうか。昼食にパンを買うとした...

スポンサーリンク


オス猫の発情期について

発情するということは子孫を残すための本能です。しかし、発情期になるといつもとは違う行動が多くなるため、初めて猫を飼う方は戸惑うことがあるかもしれません。ここでは、オス猫が発情した時行動にどのような変化があるのかをご紹介します。基本的に、オス猫は生後3ヶ月ごろから性成熟が始まります。早い猫だとこのころから、交尾の際に見られる他の猫に乗りかかる行為や、腰を振る動作をするようになります。

生後5~6ヶ月ごろには交尾ができる体へと発達していきます。そして本格的な発情を迎えるのは生後9~12ヶ月ごろになります。しかし、オス猫は自ら勝手に発情するような事はなく、発情しているメス猫の鳴き声やフェロモンなどによって発情が誘発されるため、それぞれ発情期は異なります。発情期を迎えたオス猫のいつもと違う行動は、大きな声で鳴き続ける、スプレー行為をする、普段大人しい猫であれば、攻撃的になったり落ち着きがなくなったりします。

メス猫の発情期について

オス猫だけでなく、もちろんメス猫にも発情期があります。しかし、猫には犬や人間と違い月経を伴う「出血」がありません。そのため、発情期に気づかないことも多くあります。しかし、メス猫にも発情期を迎えるといつもと違う行動をとるようになるため普段から猫の様子をよく確認しておく必要があります。多くのメス猫は早くて生後半年ころから発情期を迎えます。時期としては春や夏など暖かい時期。年2回ほど、多いと4回ほど発情期を迎えます。

また、日照時間に左右されて発情期の時期が変わるとも言われており、ご家庭で飼育されている猫は野良猫と比べ電灯の明かりを浴びる機会が多いため発情期が長くなることがあります。行動の変化としては、身近な人や物に体をこすりつける、しきりに陰部をなめる、大きな高い声で鳴く、マーキングやスプレー行為をする、食欲がいつもよりないなどという特徴があります。

発情期の変化には意味がある

発情期を迎えると、いつもと違う行動を急にしだすため驚く飼い主さんもいるかと思いますが、発情期の変化には意味があります。まずオス、メスどちらにもみられる、大きな声で鳴くという変化についてです。メス猫については、子孫を残すためオス猫に自分がいることをアピールしているんです。対してオス猫はそのメス猫の声に反応してメス猫に自分の居場所を知らせます。お互いに大きな声で自分の居場所を知らせあってるんですね!なんだかロマンチックですね〜(笑)

また、オス猫は他のオス猫に対して「近づくな」というメッセージを発信するためにも大きな声で鳴きます。また、スプレー行為や自分のトイレ以外でのマーキング行為についてです。メス猫は自分の匂いやフェロモンをオス猫に知らせるために色々なところにマーキングとしておしっこをします。オス猫は、できるだけ高い位置におしっこをすることで自分が大きい猫であることをアピールし、他のオス猫を近寄らせない効果があると言われています。

猫の発情期は綿棒で解決?

発情期のいつもと違う行動は猫の本能的なものなので、できればそのまま発情期が終わるのを何とかやり過ごすのが良いです。しかし、鳴き声やスプレー行為に関してはご近所問題への発展や、飼い主さんの負担になりかねません。ここでは、綿棒を使って猫の発情期を抑える方法をご紹介いたします。

猫の発情期を抑えるためには交尾と同じような刺激を与える必要があります。その方法は、綿棒の先にオイルを少し塗り、猫の陰部を刺激してあげる方法です。そうすることによってオス猫と交尾したと勘違いして排卵を起こします。これを2日間行えば、その後1ヶ月から2ヶ月は猫が発情する事はありません。

しかし、この綿棒で発情期を抑える方法は特に素人が行うと、膣や性器を傷つけてしまう可能性があります。そのため、あくまで応急処置として行う程度にし、日常的に行うのは厳禁です。また、やり方を少しでも間違えてしまうと、よけい猫の発情を強めてしまう可能性があるため注意が必要です。

綿棒以外の解決法

どこのご自宅にもある綿棒ですが、やはりちょっと自分でやるには怖いですよね。綿棒以外の発情期を抑える方法として一番手っ取り早く効果的なのは去勢手術、避妊手術です。手術をすることで発情期を迎えることはなく、生殖系の病気予防にもなります。自宅で子猫を望んでいないのに発情期を何度も迎え、交尾をしないままでいることは猫にとってストレスになります。

発情期を迎え、夜鳴きがひどく飼い主も眠れない、ご近所にも迷惑という時には、動物病院で睡眠導入剤をもらうという対処法もあります。しかしこの方法は、発情期の間ずっと薬を与え続けることになるため得策とは言えません。ただ、去勢・不妊手術といっても費用が掛かります。今すぐには手術ができないなどという時には、3つのポイントに気を付けてみてください。

1.生活スタイルを猫に合わせる
発情期を迎えた猫の変化した行動に合わせて飼い主が猫に合わせた生活を送るようにします
。スプレー行為対策としてありとあらゆる場所にトイレシートを貼ったり、置いたりしてみてください。

2.昼間に運動をさせる
毎晩、夜中に大きな声で鳴いていて困る場合は日中、運動をさせて疲れさせるというのもひとつの方法です。

3.ご近所に猫を飼っていることを理解してもらえるよう促す
ご近所の方にあらかじめ猫を飼っていて発情期は鳴き声がうるさいなどとしっかり伝えておきましょう。

まとめ

上記で述べた発情期を抑える方法は猫によって効果が違います。猫にとっても飼い主さんにとっても一番いい方法はやはり手術です。猫も飼い主さんもストレスにならないために手術を検討しましょう。

 - 動物 植物 ペット

ページ
上部へ