日々の問題が早く解決しますように!

レスキューライナー

本籍と住所が違うのは何かこの先問題が起こる!?

   

本籍と住所が違うのは何かこの先問題が起こる!?

本籍と住所。似ているようで全然違うものなんです。そもそも本籍ってなに?自分がどこに本籍を登録しているか分からない。なんてことはよくある話。ですが、結婚や相続、出産に伴い本籍や戸籍というのは重要になるんですよ!そこで今回は、本籍と住所の違いや、違うことによるデメリット、本籍地の調べ方をまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

登山初心者が知りたいリュックの容量 !

これから登山を始める方が知りたい事ってたくさんあると思います...

はじめての登山テント泊を快適にする便利グッズ !

日帰り登山から始まり小屋泊も経験したところで挑戦したくなるの...

手軽に登れる登山初心者にもおすすめしたい福岡の山!

九州の玄関口である福岡県。政令指定都市を2つも有する日本有数...

初めての登山で知っておきたいリュックの詰め方 !

登山をはじめるにあたって大切な3つの道具、リュック・ウェア・...

登山でテント泊を楽しむためのルール

山小屋の周りでカラフルなテントが立ち並ぶ光景を目にしたことが...

週末に行く関東日帰り登山が出来る百名山~中級編~

週末はできるだけ山にいたいと言う方が最近増えています。東京及...

万が一の雨登山でも心強い持ち物 !

待ちに待った登山の日、雨に降られてしまうのはなんとも嫌なもの...

日帰りや小屋泊に便利なバックパック30Lのおすすめ商品

日帰りにも小屋泊にも便利に使え、初心者が最初に持つバックパッ...

登山だけじゃない街にも合う服装が楽しめるおすすめブランド

過酷な自然環境から身を守ってくれる耐久性と機能性を備えた登山...

さあ登山デビュー!初心者だからこそ気を配りたい服装とは!

学校や職場で最近登山にはまっているって話しを聞く事ありません...

登山初心者におすすめしたい、快適登山の基本の持ち物。

「登山を始めたいけど、何を持っていったら良いのかわからなくて...

関東エリアの日帰り登山は電車でいこう!

「登山は荷物も多いし汗もたくさんかいて汚れるから、着替えもで...

窓のないトイレで上手に観葉植物を育てる方法と対処法!

マンションやアパートではトイレに窓がないことがほとんどですよ...

日々のトイレ掃除!どこから手を付けたらいいの?

トイレは毎日使う場所なので清潔に保ちたいですよね。でも油断し...

一人暮らしを初めてするのにかかる費用は?

大学進学や、社会人のため一人暮らしを始めたいなと考える人も多...

布団に発生したカビは洗濯で取り除くことができるのか ?!

ある日突然布団にカビが!!なんて経験がある方もいるのではない...

観葉植物でおしゃれな部屋に!初心者でも始めやすい?

部屋のインテリアとしても注目の観葉植物は今とても注目の人気ア...

酢は肌にどんな効果を与えるのか

健康にいいとして知られている酢ですが、実は健康だけでなく肌に...

観葉植物を初心者が育てるときのオススメ種類&アイテム!

部屋に観葉植物を取り入れたいと思いながらも、なかなか手が出な...

良い事づくめの断捨離で部屋を整える効果とは?!

断捨離という言葉を知ってますか?単純に無駄な物を捨てて部屋を...

スポンサーリンク


本籍と住所は全く違うの?

みなさんは本籍と住所の違いをご存知ですか?実はこの二つ全く違うものなんです。まず、本籍というのは戸籍の住所といったところです。戸籍が置いてある場所ということです。そのため、戸籍謄本を取得したい場合には、本籍地がある自治体に行かなければなりません。一方、住所は自分が今現在、住んでいるところのことを指します。この住所は、基本的に引っ越したら自分が住んでいる役所に住所変更の届出をする必要があります。

しかし、何らかの事情で住所を知られたくない場合や、うっかり届出を忘れていて住所変更をしていなくても問題ありません。しかし、税金関連や何かしらの手当等を受けるためにはしっかりと現在地住所の登録をしておいた方が無難です。今はよくてもこの先、結婚や子どもが出来たときなど、子どもの戸籍にも関係したり、結婚の際には戸籍謄本が必要になる場合もあったりと、何かと必要になるものですから、住所変更はこまめに行いましょう。

本籍はどこに登録したらいい?

本籍。みなさんどこに登録したか覚えていますか?実はこの本籍地の登録はどこにしてもいいんです。そのため、一番人気として登録されているのは皇居や国会議事堂だそうです!実際にそこには住むことが出来ないから本籍だけでも!というような憧れからなのでしょうか?(笑)真相はわかりませんが、その他にもディズニーランドや東京タワーなどに本籍を置いている人もいるそうです。

この本籍地の登録は、主に結婚した時に夫婦で新しい戸籍を作ることになります。その際に二人でどこにするか決めて自由に決めることが出来るため、二人の思い出の場所や、プロポーズした場所などにする方も多いんだとか。ただ、実際に住んでいるわけではなく、川沿いなどである場合本籍地の詳しい住所を覚えておくのはなかなか難しく、本籍地が分からないという事になってしまいかねません。ですから、覚えやすく二人の馴染みのある実家や二人の新居にするのがおすすめです。

本籍と住所が違う!デメリット

では、本籍と住所がそれぞれ違う場所に登録してある場合、何かデメリットはあるのでしょうか?実は、普段生活している上では特になんのデメリットもありません。しかし、何かあって戸籍謄本を取得しなければならなくなった時に、時間がかかります。例えば住所と本籍の場所が同じ県内に無い場合には一番手間がかかります。

戸籍謄本の取得は基本的に本籍地が置いてある自治体で取得しなければならないため本籍地まで取りに行くか、郵送で送ってもらうしかありません。どちらにしても時間がかかるということをお忘れなく。あくまでも本籍地は一度置いたらそうそう変えるものではないという認識をしておいた方がいいでしょう。こういった点を踏まえてどうしても思い入れのある場所に夫婦で設置したい!のであれば同じ県内の中で思い入れのある場所とかにしておいた方がいいかもしれないですね!(笑)

本籍は変更できるのか?

どこにでも設定できることから、安易な気持ちで本籍地の設置を行うと後々面倒なことになりかねません。そういった場合、もっと身近で分かりやすい場所に置いておきたい!と思いますよね。そのような場合、本籍地の変更はそもそも出来るものなのでしょうか?答えは”イエス”です!

本籍地変更の手続きは簡単に出来ます。本籍地の変更手続きのことを転籍といい、役場での手続きが必要になります。必要なものは基本的に本人確認書類とマイナンバーカード、戸籍謄本、印鑑になります。自治体やその人の戸籍状況、届出人によって持ち物が違う場合がありますので、手続き前に自治体のサイトや電話確認をしておきましょう。そして役場で転籍届の用紙に必要事項を記入するだけで出来ます。だからと言ってコロコロ本籍地を移すのは後々の相続関係など遡るのが大変になったり、信頼性が失われる原因にもなるため慎重に本籍地を設置しましょう。

本籍がどこにあるか分からない時の対処法

戸籍謄本を役場や郵送で取得するには、戸籍謄本等請求用紙に必要事項を記入する必要があるのですが、その際本籍地を正確に知っておく必要があります。その際自分の本籍地が分からない場合に調べる方法が何点かあるのでご紹介いたします。まず一番手っ取り早いのが、自分の親族や家族に聞くことです。明らか関係のない場所に登録していない、自分で本籍地を転籍していないのであれば自分の実家や祖母の家に登録してあることが多いため自分の両親に聞いてみるといいです。

他には、住民票を「本籍入り」で発行してもらうことです。万が一戸籍謄本を取得したい場合であれば、「筆頭者」も必要になるため一応聞いておくといいかもしれません。住民票の取得にはお金がいくらかかかりますが、項目を増やしたからと言って値段は変わりません。後々筆頭者も知りたいと思い住民票を取得しなければならなくなったら二度手間なうえに、お金もかかるので注意が必要です。

まとめ

意外と知らない本籍のお話。一番人気の本籍地が皇居や国会議事堂だなんて驚きですよね(笑)普段使うことのない本籍だからこそ番地まで覚えやすくて分かりやすい所に置いておいた方がいいです。転籍の際にはぜひ参考にしてみて下さい!

 - 人生 社会 経済

ページ
上部へ