日々の問題が早く解決しますように!

レスキューライナー

主婦の仕事は大変!うまく乗り切るには?

   

主婦の仕事は大変!うまく乗り切るには?

主婦の仕事は、手を抜こうと思えばいくらでも手を抜くことができ、また、やり始めるとキリがなくとても大変ですね。主婦で家事や育児、介護などでお悩みの方も多いのではないでしょうか。仕事と育児や家事の両立だけでなく、家庭に入って主婦としてどのように過ごせば良いのか悩んでいる人もいるかと思います。主婦の仕事の大変な事情やその対処法について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

洗濯槽に出来たカビがなくならないときの対処法 !

みなさん、洗濯槽のお掃除していますか?私は、洗濯槽の掃除が大...

子どもが付ける【ぬいぐるみ】のよだれの洗い方について!

子供が大事にしているぬいぐるみ。定期的に洗っていますか? 見...

香水の種類について!参考にしたい女性に人気の香水

香水は、おしゃれな女性、男性に大人気なアイテム。人それぞれ好...

メダカの稚魚とタニシを一緒にしても大丈夫?

メダカは育てやすい生き物として人気で、学校で飼育した人も多い...

ブレーカーが落ちる理由と電気代について !

ご自宅のブレーカーが落ちたことありますか?ドライヤーとオーブ...

一人暮らしを初めて始めるにあたり必要な費用とは?

社会人や大学生になり、一人暮らしを始める方が増える春。初めて...

失業保険申請の仕方は?登録や取り消しで注意すること!

失業した時に再就職するまでの期間は、収入がゼロとなり生活が大...

淡水と海水の浮力について!

みなさん淡水と海水という言葉を耳にしたことがあるかと思います...

ヤフオクのトラブル対処法とは?通報と救済措置

ヤフオクは、メルカリやRakumaよりも歴史があり、個人オー...

高校生のメイク事情!学校メイクの仕方とは?

最近では、高校生でもメイクをするのは当たり前!それは休日に限...

毎日排出されるコンビニのゴミはどうなる?

みなさんがよく利用するコンビニのゴミ箱。誰でも一度はコンビニ...

おしゃれな服のブランド集まれ!安いだけじゃない魅力とは?

ファッションに興味がある方もそうではない方も、誰もが必ず毎日...

コンビニのレジ打ちのやり方について!

コンビニでバイトしている方はもちろん、レジ打ちをしてみたい、...

猫の匂い袋の正体と対処法は?

猫の肛門の下には、匂い袋と言われている袋があります。匂い袋に...

年末調整で住民税を申告しなければならない人とは?

確定申告というと、国に所得税を納めなければいけないというイメ...

メダカの産卵成功のコツ!時期やポイントについて!

ご自宅や小学生の授業の一環としてメダカの飼育を経験したことが...

動物病院の料金はどのくらい?捨て猫を拾ったときの対処法

猫ってとってもかわいいですよね。犬よりも道端で見かけることも...

ベタの飼育に適した水槽や掃除の仕方は?

ひらひらとしたヒレや美しい色、コップやびんでも飼える手軽さで...

主婦の仕事は大変!うまく乗り切るには?

主婦の仕事は、手を抜こうと思えばいくらでも手を抜くことができ...

犬の鳴き声でご近所トラブル!?鳴き声を止める方法

犬を飼っていると、どうしてもついて回るのがご近所トラブル。無...

スポンサーリンク


主婦の仕事と会社勤めを両立するのは大変!

20、30代で結婚して、ある程度のキャリアも持ち、仕事を続けながら主婦をしている人も多いと思います。定時に帰れる仕事ならば、家事との両立もなんとかできそうなのですが、総合職の場合は厳しい現実がありますね。総合職では、勤務時間も不定期で残業も多く、出世するには、自宅で通信教育をして資格をとっていかなければならない職場制度も多いです。

精神的に、育児や家事と、それらの仕事を両立することは非常に困難なことが多いです。寝不足になったり、夫や家族への気遣いで体調を崩したりして、退職を考えている方もいると思います。職場での理解のなさやプレッシャーでストレスがつのり、家事が十分にできていないことで家庭での不協和音が広がり、精神的に大変な思いで、毎日過ごしておられる方も多くいらっしゃいます。

全てを完璧にやろうとすると、必ず亀裂や反動がやって来ます。仕事や育児・家事では、手を抜くところと、手を抜いてはいけないところを判断して、事故なく仕事をこなすことが大切です。完璧で強くあろうとするより、信頼のおける人を見つけて、自分の弱みも見せながら相談し、息抜きすることが必要ですね。

周囲の理解がなければ主婦の仕事は大変!

働く女性のストレスは、職場環境や家庭環境で周りの理解や協力がどのくらい得られるのかで変わって来ます。仕事の内容では、どの程度の責任を任されているのか、緊急の時は仕事を誰かに代行してもらって休むことができるのか、出張や残業、夜勤は必須なのかでも変わります。職場での理解が得られなければ、子供の急な病気や学校行事への参加も、会社と家庭の板挟みとなりストレスの原因となってしまいます。

また、子供の人数やご主人や義理の両親の理解度、親からの育児のサポートの有無によっても、家庭でのストレスは変わってきます。もし、ご主人や義理のご両親が働くことに理解を示し、夫の家事の協力が得られて、親のサポートもあれば、積極的に仕事をしてゆくことができます。このような家族の理解は、仕事と家庭を両立させるために必要ですね。

仕事と主婦業を両立させるには、例えば、職場では業務の内容を変えてもらうよう会社と交渉したり、育児では利用できる市の保育所や、延長サービスのある託児所を探したりなど、まず、時間的な問題を解決することが大切です。無理をして重大な取り返しのつかない事故を起こせば、一生、後悔の念に苛まれることになります。相談できる人はいないか、利用できるサービスはないか調べて、まず、時間的な問題の打開策を見つけましょう。

主婦の仕事の大変さは夫の理解度による?

 

主婦の仕事が大変なのは、夫の妻への理解によるところが大きいようです。妻が働くことに対する夫の態度にも3種類あるようです。妻の稼ぎに依存している甘え型と、自立して輝く妻を愛する理想型と、妻に経済力持たせないで、家庭で優位に立ちたい男尊女卑型の男性です。もし、主婦の仕事が大変だと悩んでいる大きな原因が、夫との関係だと感じるならば、ご自分はどのような状況に置かれているのか再度、客観的に見て解決策を見出しましょう。

夫の理解が十分得られている場合は、体力的さえあれば、主婦業と仕事を両立させることができるでしょう。しかし、妻の稼ぎに頼っている型の夫の場合は、夫への対応を考えるべきです。夫を甘やかさないで、家事育児ができるように夫を育てることを考え、少しでも職場と家庭での時間的・体力的・精神的ストレスを和らげるよう工夫しましょう。

一番難しいのは、「誰のおかげで飯が食えると思っているんだ!」「主婦のくせに、まともに家事もできないのか!」「文句があるなら俺くらい稼いでから言ってみろ!」という、昔ながらの夫へ対応です。このような男性の固定概念を覆すのは難しいですが、仕事でも実績をあげてゆけば、夫の考えを変えて行ける可能性はあります。

主婦の仕事にはキリがないので大変!

一方、仕事をしないで専業主婦をしていてストレスを抱えている女性も多くいます。家事という仕事は、掃除や料理をとっても、やろうと思えばいくらでも仕事があります。また、家事の場合はいくら頑張っても、会社の職場のように評価されることがありません。昇進や昇給するといったことがなく、モチベーションを維持し続けることが大変です。社会との接点が少なく、ストレスがたまって精神的なバランスを崩しても、自分の置かれている現状を相談したり、客観的に判断したりすることができません。

一方、子供のいない専業主婦の場合は、世間的にも偏見視されることがあり、自分の身の置き場がないといった情緒不安に陥る人も多くいます。同居があたりまえの時代では、夫が仕事に出て行った後は、お姑さんとの人間関係で大変でしたが、核家族化が進んだ今では、家に一人の生活になります。話し相手もなく、何を生きがいにして良いのかわからず、かといって、自由に使えるお金もないため、人生の目標が持てずにうつ状態になる人もいます。

しかし、どんな仕事でも、何らかの問題や悩みは必ずあるものです。問題を人のせいにしたり、自分を責めたりしないで、現状で何ができるのか考え、できることからやってみましょう。自分と時間を大切にすることで、精神的な問題は必ず乗り越えることができます。

主婦の仕事は大変でもメリットは大きい!

  

主婦の仕事は大変でも、プラス思考でそのメリットを生かすことを考えましょう。専業主婦では、自由に使える時間を最大限に生かして、自分の人生を謳歌する方法を考えます。プラス思考になれば、会社の上司や同僚や客先に気を使わなくても、育児や家事を楽しむことができます。また、家でのびのびと自分の好きな制作活動に励んだり、今までできなかった勉強やスポーツに打ち込んだりすれば、毎日の生活にハリが出て来ますね。

また、働きながら子育てをする人も、大変な時間との戦いは子供の成長とともに少なくなり、体も楽になります。また、子供の成長から多くの喜びをもらい、逆に子供から多くのことを学ぶことができます。また、夫との大変な共同生活も、気がつけば、いつも側になければならない空気のような大切な存在になっているかもしれません。

まとめ

主婦業と仕事との両立は大変ですが、世の中に大変なことはたくさんあり、大変だからこそ、その成果が大きくなって戻ってくるのではないでしょうか。専業主婦で悩む人も、自分自身を見つめ直し、自分はどんな仕事に向いているのか、営業なのか、経理、制作、マネイジメントなのかじっくりと考えて、子供の手が離れた時の新たな生活に向けて、準備をする時間にしてはいかがでしょうか。今、大変な時期だと思いますが、ぜひプラス思考で今を乗り切ってくださいね。

 - 人生 社会 経済

ページ
上部へ