日々の問題が早く解決しますように!

レスキューライナー

メダカの稚魚とタニシを一緒にしても大丈夫?

   

メダカの稚魚とタニシを一緒にしても大丈夫?

メダカは育てやすい生き物として人気で、学校で飼育した人も多いと思います。メダカの飼育は繁殖も楽しみの一つです。卵から孵った稚魚は大切に育てたいですよね。そこで気になるのがタニシの存在です。気づいたら水槽の中で増えているタニシ。メダカの稚魚と一緒にしていても問題ないのでしょうか。調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

登山初心者が知りたいリュックの容量 !

これから登山を始める方が知りたい事ってたくさんあると思います...

はじめての登山テント泊を快適にする便利グッズ !

日帰り登山から始まり小屋泊も経験したところで挑戦したくなるの...

手軽に登れる登山初心者にもおすすめしたい福岡の山!

九州の玄関口である福岡県。政令指定都市を2つも有する日本有数...

初めての登山で知っておきたいリュックの詰め方 !

登山をはじめるにあたって大切な3つの道具、リュック・ウェア・...

登山でテント泊を楽しむためのルール

山小屋の周りでカラフルなテントが立ち並ぶ光景を目にしたことが...

週末に行く関東日帰り登山が出来る百名山~中級編~

週末はできるだけ山にいたいと言う方が最近増えています。東京及...

万が一の雨登山でも心強い持ち物 !

待ちに待った登山の日、雨に降られてしまうのはなんとも嫌なもの...

日帰りや小屋泊に便利なバックパック30Lのおすすめ商品

日帰りにも小屋泊にも便利に使え、初心者が最初に持つバックパッ...

登山だけじゃない街にも合う服装が楽しめるおすすめブランド

過酷な自然環境から身を守ってくれる耐久性と機能性を備えた登山...

さあ登山デビュー!初心者だからこそ気を配りたい服装とは!

学校や職場で最近登山にはまっているって話しを聞く事ありません...

登山初心者におすすめしたい、快適登山の基本の持ち物。

「登山を始めたいけど、何を持っていったら良いのかわからなくて...

関東エリアの日帰り登山は電車でいこう!

「登山は荷物も多いし汗もたくさんかいて汚れるから、着替えもで...

窓のないトイレで上手に観葉植物を育てる方法と対処法!

マンションやアパートではトイレに窓がないことがほとんどですよ...

日々のトイレ掃除!どこから手を付けたらいいの?

トイレは毎日使う場所なので清潔に保ちたいですよね。でも油断し...

一人暮らしを初めてするのにかかる費用は?

大学進学や、社会人のため一人暮らしを始めたいなと考える人も多...

布団に発生したカビは洗濯で取り除くことができるのか ?!

ある日突然布団にカビが!!なんて経験がある方もいるのではない...

観葉植物でおしゃれな部屋に!初心者でも始めやすい?

部屋のインテリアとしても注目の観葉植物は今とても注目の人気ア...

酢は肌にどんな効果を与えるのか

健康にいいとして知られている酢ですが、実は健康だけでなく肌に...

観葉植物を初心者が育てるときのオススメ種類&アイテム!

部屋に観葉植物を取り入れたいと思いながらも、なかなか手が出な...

良い事づくめの断捨離で部屋を整える効果とは?!

断捨離という言葉を知ってますか?単純に無駄な物を捨てて部屋を...

スポンサーリンク


メダカの稚魚の育て方

メダカを飼育していると、卵を産んで稚魚がたくさん生まれることがあります。小さな命の誕生はとても嬉しいものですが、稚魚は放っておくとすぐに死んでしまうことがあるので注意が必要です。

卵・稚魚用の水槽に移し替える
メダカは小さいものをとりあえず口に入れてしまう性質があります。たとえ自分で生んだ卵や稚魚だったとしても例外ではありません。また、食べられなかったとしても、成魚に追い回されて疲れて死んでしまうこともあります。卵が産まれたら別の水槽に移し替えておきましょう。

1日数回のエサやり
孵化して数日はお腹にたまっている栄養分で生きられますが、それ以降はエサが必要です。一度に大量のエサを与えると水質の悪化につながってしまうため、少量を数回に分けて与える必要があります。また、稚魚の口は小さいため、成魚用のエサをすりつぶして小さくしてあげる必要があります。

水換えは控える
稚魚は水質の変化に敏感です。原則水槽の水換えはせず、底にたまったゴミをスポイトで取ったり、蒸発した分の水を継ぎ足したりする程度にとどめましょう。

タニシはなぜ増える?

順調に稚魚を育てているときに気になるのは、気づけば増えているタニシの存在です。タニシやそれに似た巻貝(スネール)なぜ増えるのでしょうか。

その多くは、水草などを入れることできっかけで水槽内に侵入して、その後意図せず増えてきます。水槽内が弱酸性の水質に維持されていれば繁殖スピードは穏やかで、水質内のお掃除屋として生態系のバランスを保って共存できるのですが、水質が弱アルカリ性に傾くと大量発生することがあります。

また、メダカのエサの食べ残しやコケ等が豊富にあることも大量発生の原因となります。タニシの天敵がいないことも増加の一因です。タニシを増やしたくない場合は、オトシンクルス等タニシを捕食する魚を水槽に入れておくと効果があります。

タニシはメダカの敵か味方か

タニシは種類によって多少の違いはあれど、基本的には食べ残ったエサや、生き物の死骸、コケや水草などを食べます。また、排泄される糞はバクテリアのエサになり、水質の改善に役立つ存在です。メダカにとって水槽の環境を整えてくれるタニシは良き同居人と言えそうです。

しかし、タニシには薄く細かい歯がたくさん並んだ歯舌という器官があり、食べ物をかじりとることができます。メダカが襲われることはないのでしょうか。結論から言うと、タニシがメダカを襲うことはほとんどありません。タニシの歯は柔らかく、藻類や泥の中の有機物をかきだして食べることはできても、メダカを襲うほどの鋭さはありません。ただし、メダカが死んだ場合、その死骸はただの有機物になるため、タニシのエサになることがあります。

タニシと稚魚は一緒にしてもいい?

それでは、メダカの稚魚とタニシを同じ水槽に入れていても安全なのでしょうか。前述したとおり、基本的にタニシは生きているメダカを襲うことはありません。しかし、完全な草食動物ではないため、メダカの卵や稚魚を食べる可能性が100%無いとは言い切れません。それだけ小さい生き物はリスクを抱えながら生きているということですね。タニシよりもメダカの成魚の方がよっぽど可能性は高いですが、できればタニシからも離した方が安心かもしれません。

タニシが生きているメダカを食べることはほとんどありませんが、注意しなければならないのはジャンボタニシです。ジャンボタニシは外来種の貝で、見た目はタニシによく似ています。誤ってジャンボタニシを水槽に入れてしまうと、メダカが捕食されてしまう可能性が高くなります。ある程度知識がない限りは、外で採取したタニシを水槽に入れることは避けた方が無難です。

メダカの稚魚の注意点

タニシとメダカは相性がよく、共存させることで自然の水質浄化サイクルを機能させることができます。ただし、メダカの稚魚はデリケートな存在です。タニシやメダカの成魚からは離して育てることをおすすめします。安全な環境で水質の変化に気を配り、稚魚用に細かくしたエサを与えて育てます。

また、稚魚の敵はタニシやメダカの成魚と言った生き物だけではありません。通常のメダカの水槽には、エアレーションやろ過装置を入れてあることが多いと思います。実はこれが稚魚にとって危険になることがあります。エアレーションやろ過装置は水槽の中に水の流れを発生させます。稚魚はこの流れの中で体力を消耗してしまい、死んでしまうことがあります。稚魚の水槽では、機械でなく水草を活用して酸素を取り込みましょう。

まとめ

タニシはメダカの良い同居人ですが、稚魚の飼育には様々な注意が必要ということが分かりました。

 - 動物 植物 ペット , ,

ページ
上部へ