日々の問題が早く解決しますように!

レスキューライナー

布団に発生したカビは洗濯で取り除くことができるのか ?!

      2019/11/21

布団に発生したカビは洗濯で取り除くことができるのか ?!

ある日突然布団にカビが!!なんて経験がある方もいるのではないでしょうか?そんな時洗濯はしていいのか?迷っている方も多いと思います。そこで今回は布団にカビが発生してしまった時の洗濯方法について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

登山初心者が知りたいリュックの容量 !

これから登山を始める方が知りたい事ってたくさんあると思います...

はじめての登山テント泊を快適にする便利グッズ !

日帰り登山から始まり小屋泊も経験したところで挑戦したくなるの...

手軽に登れる登山初心者にもおすすめしたい福岡の山!

九州の玄関口である福岡県。政令指定都市を2つも有する日本有数...

初めての登山で知っておきたいリュックの詰め方 !

登山をはじめるにあたって大切な3つの道具、リュック・ウェア・...

登山でテント泊を楽しむためのルール

山小屋の周りでカラフルなテントが立ち並ぶ光景を目にしたことが...

週末に行く関東日帰り登山が出来る百名山~中級編~

週末はできるだけ山にいたいと言う方が最近増えています。東京及...

万が一の雨登山でも心強い持ち物 !

待ちに待った登山の日、雨に降られてしまうのはなんとも嫌なもの...

日帰りや小屋泊に便利なバックパック30Lのおすすめ商品

日帰りにも小屋泊にも便利に使え、初心者が最初に持つバックパッ...

登山だけじゃない街にも合う服装が楽しめるおすすめブランド

過酷な自然環境から身を守ってくれる耐久性と機能性を備えた登山...

さあ登山デビュー!初心者だからこそ気を配りたい服装とは!

学校や職場で最近登山にはまっているって話しを聞く事ありません...

登山初心者におすすめしたい、快適登山の基本の持ち物。

「登山を始めたいけど、何を持っていったら良いのかわからなくて...

関東エリアの日帰り登山は電車でいこう!

「登山は荷物も多いし汗もたくさんかいて汚れるから、着替えもで...

窓のないトイレで上手に観葉植物を育てる方法と対処法!

マンションやアパートではトイレに窓がないことがほとんどですよ...

日々のトイレ掃除!どこから手を付けたらいいの?

トイレは毎日使う場所なので清潔に保ちたいですよね。でも油断し...

一人暮らしを初めてするのにかかる費用は?

大学進学や、社会人のため一人暮らしを始めたいなと考える人も多...

布団に発生したカビは洗濯で取り除くことができるのか ?!

ある日突然布団にカビが!!なんて経験がある方もいるのではない...

観葉植物でおしゃれな部屋に!初心者でも始めやすい?

部屋のインテリアとしても注目の観葉植物は今とても注目の人気ア...

酢は肌にどんな効果を与えるのか

健康にいいとして知られている酢ですが、実は健康だけでなく肌に...

観葉植物を初心者が育てるときのオススメ種類&アイテム!

部屋に観葉植物を取り入れたいと思いながらも、なかなか手が出な...

良い事づくめの断捨離で部屋を整える効果とは?!

断捨離という言葉を知ってますか?単純に無駄な物を捨てて部屋を...

スポンサーリンク


まずはカビの発生原因を知ろう!

カビはなぜ発生してしまうのでしょう?まずは、カビの発生原因について調べてみました。

・寝汗
人は睡眠中に約200ccの大量の汗をかくと言われています。この汗が布団の湿度を上げてカビが発生しやすい環境を作ってしまいます。睡眠中にかいた汗は裏面へと伝わり想像以上に布団の湿度を上げています。また、最近はフローリングに布団を敷く家庭も増えていますが、畳に比べ熱がこもりやすいため、カビが生えやすいと言われています。

・湿度と温度
カビが発生しやすいのは湿度60%以上、温度20℃以上だと言われています。寝ている間に汗をかくことで、湿度だけでなく布団が体温で温められることによって温度も上がるので、カビに適した環境が出来上がります。

・皮脂や髪の毛
さらに、睡眠中に抜け落ちる髪の毛や皮脂もカビ発生の原因につながります。ダニだけでなく、カビも人の髪の毛や皮脂が好物なので、エサとなってしまいます。

布団のカビは人体に影響する?

カビにはたくさんの種類がありますが、その中でも注意が必要なのが、黒カビ、青カビなどです。睡眠中はこのカビの胞子を大量に吸い込んでしまいます。それぞれの影響について調べてみました。

・黒カビ
黒カビは、とても繁殖力が強く家中の至る所に発生します。特に布団に黒カビが発生していると、睡眠中に知らず知らずのうちに大量に吸い込んでしまい、アレルギーや喘息、アトピーなどを引き起こしてしまいます。また、免疫力が低下している時には、真菌感染症や胃腸炎、水虫などの感染症にかかってしまう可能性もあります。

・青カビ
青カビは、乳製品やお餅、パンなどに発生します。食品に使われていて口にすることも多いこの青カビは黒カビに比べ、比較的人体への影響は低いとされています。しかし、免疫力が低下している時にはアレルギー性気管支肺アスペルギルス症に注意が必要です。喘息の症状に似ており、息切れや呼吸困難など呼吸器系に悪影響を及ぼします。

布団にカビが発生した場合の洗濯方法

布団にカビが発生して放置しておいたら大変なことが起こることが分かりました。では、カビが発生してしまった場合どうすればいいのか?まず、カビがどの程度発生しているのか確認しましょう。布団全体にカビが広がっている場合は残念ながら洗濯等で取り除くことができませんので、買い換えることをおすすめします。しかし、布団の一部にポツポツとした黒いカビが発生した場合は、洗濯することで取り除くことが可能です。こちらの洗濯方法について調べてみました。

・布団カバーやシーツの場合
布団カバーやシーツは丸洗いすることでカビを取り除くことができます。浴槽などにシーツやカバーがつかるぐらいの熱めのお湯を入れます。(浴槽は事前に綺麗に掃除しておいてください)酸素系の漂白剤を入れ40分〜1時間程度放置します(カビの発生度合いに応じて調整してください)。カビがなくなっているのを確認出来たら、しっかり漂白剤をゆすいで、通常の洗濯モードで洗濯します。

・敷き布団の場合
敷布団は丸洗いできませんので、カビが発生した箇所に直接塩素系漂白剤を染み込ませます。そして、不要なタオル等でカビをふき取ります。カビがなくなったら水でしっかりふき取り乾燥させます。ここで水分が残っていたらまた、カビの発生につながってしまいますので、しっかり乾燥させてください。完全に取り除くのは難しいですが、かなり軽減することができるので、カビが発生したらすぐに洗濯することをおすすめします。

洗濯はプロに任せる

少しのカビなら、洗濯して取り除くことができるとご紹介してきましたが、カビがあると思うと気持ちよく眠れない、完全に取り除きたいという方はプロに任せましょう。目で確認できないカビも布団に多く広がっている場合もありますので家庭で洗濯するよりも確実にカビの除去を期待できます。

カビは発生から一か月程度でしたら、家庭でも取り除くこと事が容易だと言われていますが、それ以上になると取り除くのが難しいとされています。クリーニングは洗浄後高温で乾燥してくれますので、カビをほぼ完全に取り除くことができます。カビの発生を見逃してしまっていた方は布団を処分する前にクリーニングに出すという選択肢も検討してみてはいかがでしょうか?

布団にカビを生やさないための予防方法

カビはひどければ人体にも影響を及ぼしたり、発生してしまったら対処が大変だったりします。そこで、カビを発生させないための対処方法について調べてみました。

・湿度に気をつける
やはり、カビを予防するには湿度がこもらないようにすることです。朝起きた時に布団を敷きっぱなしにしないことや、天日干しにして風通しをよくしてあげましょう。市販の布団用除湿シートをうまく活用するのも一つの方法です。

・エサを与えない
もう一つのカビ対策は、カビの発生につながる髪の毛や皮脂を布団に残さないことです。天日干しにする他、掃除機をこまめにかける、週に1回はシーツを洗濯するなどし、布団を清潔な状態に保ちましょう。そうすることで快眠にもつながります。日々の少しの習慣で簡単に予防ができるので、ほったらかしにして布団を処分しないといけなくなった。ということも回避できますよ。

まとめ

布団は、毎日の疲れをリセットしてくれる睡眠に大切なアイテムです。しっかり寝ているのになんだか調子がよくないな。という方は布団が清潔でないのかもしれません。毎日の布団の扱い方や、洗濯方法について一度見直してみてはいかがでしょうか?快適な朝を迎え素敵なライフスタイルをお過ごしください。

 - 生活 暮らし , , , ,

ページ
上部へ