日々の問題が早く解決しますように!

レスキューライナー

洗濯機に洗剤を直接入れてもいいの?

      2017/07/04

洗濯機に洗剤を直接入れてもいいの?

毎日のお洗濯、繰り返す行う日々の家事のひとつです。洗濯物を入れて、洗剤や柔軟剤を入れて、洗濯機のスイッチをポン!これであとは洗濯機がキレイに洗ってくれます。

そのお洗濯、あなたは洗剤はどのタイミングで使用していますか?洗濯機についている投入口に入れるという方、直接洗濯物の上に洗剤を入れるという方、どうやら2通りのパターンがあるようです。でも、わざわざ投入口を作っているくらいだから、きちんとそこに入れなくて大丈夫なの?!という疑問もわいてきますよね。そこで洗濯機に入れる洗剤について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

うさぎの目はどうして赤いの?

一般的な動物の目は黒や茶色なのにどうしてうさぎの目だけ赤いの...

2時間のウォーキングはどれくらいカロリーを消化するのか?

皆さんは普段運動をしていますか?健康づくりの一環で1時間や2...

トイレに置く観葉植物を100均で買うにはどれを選べばいい?

トイレに観葉植物を置きたいけど、日の入らないトイレで育つ植物...

ちょっと変わった観葉植物10選!珍しい特徴と上手な育て方

世界中にはたくさんの面白くて珍しい植物が存在します。日本では...

お風呂の鏡についた頑固な水垢の落とし方!

お風呂の鏡が気づけば水垢で真っ白!落とそうといろいろ試してみ...

日本生まれの香水ブランド!おすすめ4選!

ブランド物の香水といえば、フランスをはじめ欧米のブランドを思...

登山に必要な持ち物は?人気の高尾山に便利な持ち物!

富士山とともにミシュランの旅行ガイドで3ツ星に認定された高尾...

初めての高尾山デート。普段の服装でも登れるの?

今や世界的な観光地となった高尾山。そんなテレビでもよく見る話...

登山で絶景を楽しむ!初心者おすすめスポット!!

山の頂上や稜線からのぞむ普段見ることのできない絶景は、それま...

登山には登山の服装を!賢い登山用ズボンの選び方!

街中でもよく見かけるようになった登山ウェア。特に最近は街での...

ソロ登山を楽しむための便利な持ち物!

気がおけない仲間と語り合いながら共に自然を楽しむ山行も格別で...

自転車の交通事故で増えている、ながらスマホでの運転事故!

最近ニュースでもよく取り上げられる、自転車事故。その原因とし...

タバコの販売ってどれくらい儲けられるの?

タバコは今コンビニでも販売していますので、大半の方はコンビニ...

仕事を辞める時、何ヵ月前に会社に伝える?

皆さんは仕事を辞めたいと思った経験がありますか?残業が多い、...

エアコンのカビを取るにはアルコールが便利?

みなさんエアコン掃除はどうされていますか?最近は梅雨の時期に...

兄弟や姉妹、兄妹や姉弟のあるある !

皆さんには兄弟がいますか?よく血液型であなたはこんな性格です...

服が漂白剤で色落ちしてしまった時は元に戻る?

服が汚れてしまった時に漂白剤で汚れを落とそうとする方は多いの...

コインランドリーの乾燥機を使うと縮むの?

コインランドリーの乾燥機は、雨が続く梅雨の時期や、家庭では難...

犬と人間の関係性は?子どもがいる家庭で飼っても大丈夫?

最近では犬を家族の一員として飼っている家庭が多いですよね。犬...

日本独自の絵画とは?様々な種類の日本絵画を紹介!

絵画をはじめとした「芸術の都」といえば、パリをはじめヨーロッ...

スポンサーリンク


どうして洗濯機には投入口があるの?

洗濯機についている投入口、洗剤用と柔軟剤用の場所があるはずです。わが家の洗濯機は、洗剤スペースが粉末洗剤と液体洗剤に分かれていて3か所になっていますので、一般的にも3か所が多いのではないでしょうか。その投入口、わたしはなんの疑いも持たず、そこに洗剤や柔軟剤を入れて使用していましたが、洗濯物に直接洗剤を入れるという方も一定数いらっしゃるようなんです。そこで疑問。投入口はなんのためにあるのでしょうか。

それには、きちんとした意味がありました。まず、洗剤と柔軟剤には「使用するタイミング」が違います。投入口に洗剤を入れて使用することで、洗濯機が自動的にベストなタイミングで洗剤を投入してくれるんです。これによって、スイッチをポン!の簡単お洗濯をおまかせできるという仕組みなんですね。洗濯機ってすごい!!

洗濯機が投入する洗剤のタイミングとは?

そもそも、洗剤と柔軟剤は使用するべきタイミングが違います。洗剤は「洗い」のタイミングで、柔軟剤は「最終すすぎ」のタイミングです。
これは、洗剤が洗濯物の汚れや細菌、嫌なニオイを落としてくれる効果に対して、柔軟剤は洗濯物の仕上がりを柔らかくしたり、いい香りをプラスしてくれたりと違う効果があるからです。分かりやすい例でしたら、シャンプーとコンディショナーの関係のようなものですね。

投入口に入れた洗剤は、水で溶かしたものが洗濯物にまんべんなくいきわたるように洗濯機に入れてくれます。柔軟剤は、最初の段階で投入していても、洗いやすすぎが終わった後にタイミングをずらしてきちんと自動で入れてくれます。これを洗濯機の様子を見ながら自分で入れるとなると、いつものお洗濯の手間もぐっと増えてしまいますよね。

洗濯機に洗剤を直接いれるのはダメなの?

洗濯機の投入口は便利なものですが、必ず使用しなくてはいけないというものではありません。投入口に洗剤を入れて使うことで、その投入口の汚れが気になるという理由から洗濯機に直接洗剤を入れて使用する方もいらっしゃるそうです。人が自分で洗剤や柔軟剤を入れるタイミングをコントロールするような場合は、もちろん使う人の自由で直接洗剤を入れて使用することも可能です。ただ、洗濯機の様子を監視しながらのお洗濯になってしまうのは、時間も手間もかかってしまうことにはなります。それが面倒でない場合は、自分のやりやすいやり方でお洗濯することにはなんの問題もありません。

直接洗剤を入れるときに気をつけたいこと

洗剤を投入口に入れて使用する理由のひとつに、直接洗剤が洗濯物にかからないようにするため、というものもあります。これは、洗剤が直接衣類にかかることで衣類の色落ちなどを避けるためです。ネットの情報でも調べてみましたが、直接洗剤を投入している人でも洗濯物の色落ちの経験はないという方も多くいらっしゃいました。ですが、大切な衣類を洗うときには、特に用心したいものですよね。そんな時は、水で薄めながら直接洗剤が衣類にかからないように入れるというひと手間で安心です。液体洗剤の場合、キャップに洗剤の残りがたまりがちで汚れが気になることもありますが、この方法だと水で薄めるときにキャップをゆすぐこともできて合理的ですね。

柔軟剤を使用する場合は、すすぎが終わり、最終すすぎのタイミングで必ず使用しましょう。洗剤に比べるとコントロールが難しいので、柔軟剤は投入口に最初に入れておく、というのも簡単ですね。

直接洗剤を入れるお洗濯方で試してみよう

全自動は簡単で便利ですが、直接自分でコントロールすることができるお洗濯にも利点はあります。溶かした洗剤の中に、最後に洗濯物を入れることで汚れ落ちもいいとの説もあるんです。このときは、洗剤と水がよく混ざった状態で洗濯物を入れるように注意してくださいね。このときは、まず一番下にかさばる大きなもの、それから普通の洗濯物、そしてその上にネットに入れた洗濯物などを入れるといいそうです。洗剤の量は、多すぎても少なすぎてもよくありませんので、適正な使用料を守りましょう。少し手間をかけたお洗濯も、時には気分が変わっていいものかもしれませんね。

まとめ

全自動洗濯機に頼りっぱなしのわたしですが、ときには少し手間をかけて、普段のお洗濯との違いを試してみたいなと思う気持ちにもなりました。マイルールの中のルーティンになっているお洗濯にも、もしかしたら新たな発見があるのかもしれません。わが家はドラム式なんですが、今回調べているうちに、この洗剤を直接投入もしやすいらしい縦型の洗濯機をおすすめしている方も多く、次は縦型の洗濯機をぜひ使ってみたいと思いました。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ