日々の問題が早く解決しますように!

レスキューライナー

洗濯機に洗剤を直接入れてもいいの?

      2017/07/04

洗濯機に洗剤を直接入れてもいいの?

毎日のお洗濯、繰り返す行う日々の家事のひとつです。洗濯物を入れて、洗剤や柔軟剤を入れて、洗濯機のスイッチをポン!これであとは洗濯機がキレイに洗ってくれます。

そのお洗濯、あなたは洗剤はどのタイミングで使用していますか?洗濯機についている投入口に入れるという方、直接洗濯物の上に洗剤を入れるという方、どうやら2通りのパターンがあるようです。でも、わざわざ投入口を作っているくらいだから、きちんとそこに入れなくて大丈夫なの?!という疑問もわいてきますよね。そこで洗濯機に入れる洗剤について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

子どもが付ける【ぬいぐるみ】のよだれの洗い方について!

子供が大事にしているぬいぐるみ。定期的に洗っていますか? 見...

香水の種類について!参考にしたい女性に人気の香水

香水は、おしゃれな女性、男性に大人気なアイテム。人それぞれ好...

メダカの稚魚とタニシを一緒にしても大丈夫?

メダカは育てやすい生き物として人気で、学校で飼育した人も多い...

ブレーカーが落ちる理由と電気代について !

ご自宅のブレーカーが落ちたことありますか?ドライヤーとオーブ...

一人暮らしを初めて始めるにあたり必要な費用とは?

社会人や大学生になり、一人暮らしを始める方が増える春。初めて...

失業保険申請の仕方は?登録や取り消しで注意すること!

失業した時に再就職するまでの期間は、収入がゼロとなり生活が大...

淡水と海水の浮力について!

みなさん淡水と海水という言葉を耳にしたことがあるかと思います...

ヤフオクのトラブル対処法とは?通報と救済措置

ヤフオクは、メルカリやRakumaよりも歴史があり、個人オー...

高校生のメイク事情!学校メイクの仕方とは?

最近では、高校生でもメイクをするのは当たり前!それは休日に限...

毎日排出されるコンビニのゴミはどうなる?

みなさんがよく利用するコンビニのゴミ箱。誰でも一度はコンビニ...

おしゃれな服のブランド集まれ!安いだけじゃない魅力とは?

ファッションに興味がある方もそうではない方も、誰もが必ず毎日...

コンビニのレジ打ちのやり方について!

コンビニでバイトしている方はもちろん、レジ打ちをしてみたい、...

猫の匂い袋の正体と対処法は?

猫の肛門の下には、匂い袋と言われている袋があります。匂い袋に...

年末調整で住民税を申告しなければならない人とは?

確定申告というと、国に所得税を納めなければいけないというイメ...

メダカの産卵成功のコツ!時期やポイントについて!

ご自宅や小学生の授業の一環としてメダカの飼育を経験したことが...

動物病院の料金はどのくらい?捨て猫を拾ったときの対処法

猫ってとってもかわいいですよね。犬よりも道端で見かけることも...

ベタの飼育に適した水槽や掃除の仕方は?

ひらひらとしたヒレや美しい色、コップやびんでも飼える手軽さで...

主婦の仕事は大変!うまく乗り切るには?

主婦の仕事は、手を抜こうと思えばいくらでも手を抜くことができ...

犬の鳴き声でご近所トラブル!?鳴き声を止める方法

犬を飼っていると、どうしてもついて回るのがご近所トラブル。無...

本籍と住所が違うのは何かこの先問題が起こる!?

本籍と住所。似ているようで全然違うものなんです。そもそも本籍...

スポンサーリンク


どうして洗濯機には投入口があるの?

洗濯機についている投入口、洗剤用と柔軟剤用の場所があるはずです。わが家の洗濯機は、洗剤スペースが粉末洗剤と液体洗剤に分かれていて3か所になっていますので、一般的にも3か所が多いのではないでしょうか。その投入口、わたしはなんの疑いも持たず、そこに洗剤や柔軟剤を入れて使用していましたが、洗濯物に直接洗剤を入れるという方も一定数いらっしゃるようなんです。そこで疑問。投入口はなんのためにあるのでしょうか。

それには、きちんとした意味がありました。まず、洗剤と柔軟剤には「使用するタイミング」が違います。投入口に洗剤を入れて使用することで、洗濯機が自動的にベストなタイミングで洗剤を投入してくれるんです。これによって、スイッチをポン!の簡単お洗濯をおまかせできるという仕組みなんですね。洗濯機ってすごい!!

洗濯機が投入する洗剤のタイミングとは?

そもそも、洗剤と柔軟剤は使用するべきタイミングが違います。洗剤は「洗い」のタイミングで、柔軟剤は「最終すすぎ」のタイミングです。
これは、洗剤が洗濯物の汚れや細菌、嫌なニオイを落としてくれる効果に対して、柔軟剤は洗濯物の仕上がりを柔らかくしたり、いい香りをプラスしてくれたりと違う効果があるからです。分かりやすい例でしたら、シャンプーとコンディショナーの関係のようなものですね。

投入口に入れた洗剤は、水で溶かしたものが洗濯物にまんべんなくいきわたるように洗濯機に入れてくれます。柔軟剤は、最初の段階で投入していても、洗いやすすぎが終わった後にタイミングをずらしてきちんと自動で入れてくれます。これを洗濯機の様子を見ながら自分で入れるとなると、いつものお洗濯の手間もぐっと増えてしまいますよね。

洗濯機に洗剤を直接いれるのはダメなの?

洗濯機の投入口は便利なものですが、必ず使用しなくてはいけないというものではありません。投入口に洗剤を入れて使うことで、その投入口の汚れが気になるという理由から洗濯機に直接洗剤を入れて使用する方もいらっしゃるそうです。人が自分で洗剤や柔軟剤を入れるタイミングをコントロールするような場合は、もちろん使う人の自由で直接洗剤を入れて使用することも可能です。ただ、洗濯機の様子を監視しながらのお洗濯になってしまうのは、時間も手間もかかってしまうことにはなります。それが面倒でない場合は、自分のやりやすいやり方でお洗濯することにはなんの問題もありません。

直接洗剤を入れるときに気をつけたいこと

洗剤を投入口に入れて使用する理由のひとつに、直接洗剤が洗濯物にかからないようにするため、というものもあります。これは、洗剤が直接衣類にかかることで衣類の色落ちなどを避けるためです。ネットの情報でも調べてみましたが、直接洗剤を投入している人でも洗濯物の色落ちの経験はないという方も多くいらっしゃいました。ですが、大切な衣類を洗うときには、特に用心したいものですよね。そんな時は、水で薄めながら直接洗剤が衣類にかからないように入れるというひと手間で安心です。液体洗剤の場合、キャップに洗剤の残りがたまりがちで汚れが気になることもありますが、この方法だと水で薄めるときにキャップをゆすぐこともできて合理的ですね。

柔軟剤を使用する場合は、すすぎが終わり、最終すすぎのタイミングで必ず使用しましょう。洗剤に比べるとコントロールが難しいので、柔軟剤は投入口に最初に入れておく、というのも簡単ですね。

直接洗剤を入れるお洗濯方で試してみよう

全自動は簡単で便利ですが、直接自分でコントロールすることができるお洗濯にも利点はあります。溶かした洗剤の中に、最後に洗濯物を入れることで汚れ落ちもいいとの説もあるんです。このときは、洗剤と水がよく混ざった状態で洗濯物を入れるように注意してくださいね。このときは、まず一番下にかさばる大きなもの、それから普通の洗濯物、そしてその上にネットに入れた洗濯物などを入れるといいそうです。洗剤の量は、多すぎても少なすぎてもよくありませんので、適正な使用料を守りましょう。少し手間をかけたお洗濯も、時には気分が変わっていいものかもしれませんね。

まとめ

全自動洗濯機に頼りっぱなしのわたしですが、ときには少し手間をかけて、普段のお洗濯との違いを試してみたいなと思う気持ちにもなりました。マイルールの中のルーティンになっているお洗濯にも、もしかしたら新たな発見があるのかもしれません。わが家はドラム式なんですが、今回調べているうちに、この洗剤を直接投入もしやすいらしい縦型の洗濯機をおすすめしている方も多く、次は縦型の洗濯機をぜひ使ってみたいと思いました。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ