日々の問題が早く解決しますように!

レスキューライナー

猫のエイズによる口内炎と治療法

   

猫のエイズによる口内炎と治療法

皆さんは猫のエイズについてご存知でしょうか。エイズというと、人間でも罹ったら死に至る大変恐ろしい病気ですが、人間にも初期症状があるように、猫でも初期症状によって、早期発見・治療を施すことができます。今回は猫のエイズの初期症状である口内炎に注目して、猫のエイズについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

タバコの販売ってどれくらい儲けられるの?

タバコは今コンビニでも販売していますので、大半の方はコンビニ...

仕事を辞める時、何ヵ月前に会社に伝える?

皆さんは仕事を辞めたいと思った経験がありますか?残業が多い、...

エアコンのカビを取るにはアルコールが便利?

みなさんエアコン掃除はどうされていますか?最近は梅雨の時期に...

兄弟や姉妹、兄妹や姉弟のあるある !

皆さんには兄弟がいますか?よく血液型であなたはこんな性格です...

服が漂白剤で色落ちしてしまった時は元に戻る?

服が汚れてしまった時に漂白剤で汚れを落とそうとする方は多いの...

コインランドリーの乾燥機を使うと縮むの?

コインランドリーの乾燥機は、雨が続く梅雨の時期や、家庭では難...

犬と人間の関係性は?子どもがいる家庭で飼っても大丈夫?

最近では犬を家族の一員として飼っている家庭が多いですよね。犬...

日本独自の絵画とは?様々な種類の日本絵画を紹介!

絵画をはじめとした「芸術の都」といえば、パリをはじめヨーロッ...

室内で花を種から上手に育てる方法と気をつけるポイント !

部屋に植物を置きたい!と思った時、お店から花を買ってくるのも...

ボールペンやマジックの水性と油性の見分け方!

ボールペンやマジックには水性と油性があります。どうしても違い...

浄水器はつけた方がいいの?水道蛇口につける効果とは?

皆さん水はどのように選んでいますか?ペットボトルの水、水道水...

動物病院の料金について、捨て猫の場合はどうなる?

皆さんはペットを飼っていますか?最近は犬に並ぶぐらい猫の人気...

日本人の顔の特徴とは !

世界には様々な人種が存在し、顔立ちもそれぞれ違いますよね。日...

布団に血がついてしまった時の落とし方 !

皆さん経験があるかと思いますが、朝起きたら鼻血がでていたり、...

風邪を引いたら薬は市販のものを買う?病院にもらいに行く?

風邪を引いたときどうしていますか?市販の薬を飲んで治す?病院...

意外と知らない人が多い?タイツとストッキングの違いとは!

仕事やプライベートの場面で履くことが多いタイツやストッキング...

革が汚れてしまった時クリーニングに出せる?財布の場合は?

お気に入りのカバンなどの革製品が汚れてしまった場合皆さんはど...

灯油が服についてしまった時の洗濯方法とにおい消し!

灯油が間違って服についてしまった!こんな時みなさんはどうされ...

お風呂とシャワーどちらの光熱費がお得?

毎日入るお風呂やシャワーですが、光熱費の節約のためにシャワー...

猫がトイレを失敗してしまう原因とは?

最近猫ブームということもあり、飼っている人も多いのではないで...

スポンサーリンク


猫のエイズによる症状

猫のエイズに罹るとどのような症状が出るのかについて見ておきましょう。猫エイズは、発症からの期間によって症状が異なります。その期間のうちの「急性期」「無症状キャリア期」「発症期」の症状について見ていきましょう。急性期というのは、猫のエイズに感染して1ヶ月ほどの期間を指します。この時期は、発熱や下痢のほか、風邪を引いたり、リンパ節が腫れたり、といった症状がみられます。次の無症状キャリア期というのは、急性期に出ていた症状が、激しさを失って徐々に治癒したかのように見える期間になります。この時期が終わると発症期に移り、口内炎や鼻炎、結膜炎、下痢、皮膚炎、外耳炎といった炎症を起こしてしまいます。エイズを発症している間の症状として、怪我の治りが遅い、目やにや鼻水をいつも出している、などもあります。また、リンパ腫のがんなども発症しやすくなるため、早期の治療が重要になります。こうした症状の中で頻繁にみられるのが、口内炎や歯肉炎になりますが、これらは根本的な治療法がなく、抗生剤などを用いた対症療法での治療となります。

猫のエイズによる口内炎の症状

猫のエイズによる口内炎の症状について見ていきましょう。猫のエイズによって口内炎になってしまうと、口の中の粘膜が赤く腫れあがり、ただれや出血、潰瘍、舌炎などを引き起こしてしまいます。それと同時に口臭がひどくなり、粘膜性のよだれが出るようになります。この場合、歯肉炎を併発していることが多く、それによって痛みが酷くなり、食事に支障をきたすことがあります。この痛みによって、最初は炎症の起きている部分が痛まないように、食べ物に触れないよう、顔を傾けるなどして食事をとるようになります。しかし、症状が進むにつれて、徐々に痛みは酷くなり、患部に食べ物や水が触れるだけでも痛がるようになります。こうして、最終的に、一切の食事がとれなくなる状態にまでなってしまいます。

猫のエイズの基本的な治療方法

猫のエイズの基本的な治療方法について見ていきましょう。猫のエイズは、ウイルス自体を撲滅することができないので、対症療法での治療になります。猫のエイズを治療するにあたって、最も重要なことは、早期発見・治療になります。先程も述べた通り、猫のエイズに感染して1ヶ月ほどの期間を急性期と呼び、発熱や下痢などの症状が出ると、この症状が数ヶ月間持続します。この後、無症状キャリア期、発症期と移行していくため、感染初期の段階で気付き、積極的に治療を受けさせるのが主流となっています。治療方法として、抗生物質やインターフェロンを早期に投与する方法が主となっており、これらを投与することで、体の防御反応が高まり、感染を消失させることも可能だと言われています。猫のエイズの基本的な治療方法は早いうちに抗生物質などを投与する方法になっているようです。

猫のエイズによる口内炎の治療方法

猫のエイズによる口内炎の一般的な治療方法について見ていきましょう。こうした猫の口内炎の一般的な治療方法として挙げられるのがステロイド治療です。ステロイドは、強力な消炎作用で炎症や痛みを和らげる即効性を持っているだけでなく、ほかの治療法よりも安価であるために、多くの場合、このステロイド治療が施されています。しかし、その効果は一過性のため、一定期間が過ぎると、痛みがぶり返してしまい、そのたびにステロイドを投与していると、量が増えてしまったり、長期投与に繋がったりするため、副作用に苦しめられてしまう危険性もあります。ですので、ステロイドはあくまで炎症を抑えるための対症療法のひとつであると考え、長期連用や長期に渡る投与は避けましょう。また、ステロイドはあくまで炎症を抑えるだけですので、口内炎そのものが完治するわけではありません。ステロイドの投与は慎重に行いましょう。

猫のエイズと口内炎についての注意点

猫のエイズとそれによる口内炎についての注意点を確認しておきましょう。まず、最初に述べた通り、猫のエイズの治療において最も重要なのは早期発見です。普段から猫の様子をしっかりと見ておきましょう。もしも、よだれが出る、口臭がひどい、口の周辺を触ると痛がる、口をひっかく、などの症状が見られたら要注意です。出来るだけ早めに動物病院へ連れていきましょう。こうしたサインを見逃したり、放置したりしていると、衰弱・脱水症状・低酸素症、腎不全、肝不全などを引きおこし、命が脅かされる危険性もあります。そのほかの注意点として、ステロイドへの依存を避けるために、動物病院での治療と並行して、サプリメントを併用したり、生活環境を改善したり、と日常生活を工夫してみましょう。猫の負担が少しでも少なくなるよう、食事への細かい気配りも大切です。猫のエイズは、早期発見とアフターケアが重要になります。

まとめ

猫のエイズは、早期発見・治療さえすれば死ぬ可能性はぐっと低くなります。普段から猫の様子をしっかりと注意してみてください。もしも異変を感じたら、すぐに病院へ連れて行ってあげましょう。エイズに限らず、どの病気も早期発見が重要になります。猫も飼い主も健康のまま、素敵な時間を皆さんが過ごせますように。

 - 動物 植物 ペット

ページ
上部へ