日々の問題が早く解決しますように!

レスキューライナー

車のタイヤ〜空気入れの方法や頻度、注意点は?!

   

車のタイヤ〜空気入れの方法や頻度、注意点は?!

皆さんは車のタイヤの空気入れはどのようにしていますか? 実は、タイヤの空気入れは誤った方法ですると、走行にも支障が出たり、事故に繋がったり、と様々な危険性があります。車のタイヤの空気入れは、一体どのタイミングで、どれくらいの頻度でして、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。そこで今回は車のタイヤの空気入れの方法や頻度、注意点などを調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

子どもが付ける【ぬいぐるみ】のよだれの洗い方について!

子供が大事にしているぬいぐるみ。定期的に洗っていますか? 見...

香水の種類について!参考にしたい女性に人気の香水

香水は、おしゃれな女性、男性に大人気なアイテム。人それぞれ好...

メダカの稚魚とタニシを一緒にしても大丈夫?

メダカは育てやすい生き物として人気で、学校で飼育した人も多い...

ブレーカーが落ちる理由と電気代について !

ご自宅のブレーカーが落ちたことありますか?ドライヤーとオーブ...

一人暮らしを初めて始めるにあたり必要な費用とは?

社会人や大学生になり、一人暮らしを始める方が増える春。初めて...

失業保険申請の仕方は?登録や取り消しで注意すること!

失業した時に再就職するまでの期間は、収入がゼロとなり生活が大...

淡水と海水の浮力について!

みなさん淡水と海水という言葉を耳にしたことがあるかと思います...

ヤフオクのトラブル対処法とは?通報と救済措置

ヤフオクは、メルカリやRakumaよりも歴史があり、個人オー...

高校生のメイク事情!学校メイクの仕方とは?

最近では、高校生でもメイクをするのは当たり前!それは休日に限...

毎日排出されるコンビニのゴミはどうなる?

みなさんがよく利用するコンビニのゴミ箱。誰でも一度はコンビニ...

おしゃれな服のブランド集まれ!安いだけじゃない魅力とは?

ファッションに興味がある方もそうではない方も、誰もが必ず毎日...

コンビニのレジ打ちのやり方について!

コンビニでバイトしている方はもちろん、レジ打ちをしてみたい、...

猫の匂い袋の正体と対処法は?

猫の肛門の下には、匂い袋と言われている袋があります。匂い袋に...

年末調整で住民税を申告しなければならない人とは?

確定申告というと、国に所得税を納めなければいけないというイメ...

メダカの産卵成功のコツ!時期やポイントについて!

ご自宅や小学生の授業の一環としてメダカの飼育を経験したことが...

動物病院の料金はどのくらい?捨て猫を拾ったときの対処法

猫ってとってもかわいいですよね。犬よりも道端で見かけることも...

ベタの飼育に適した水槽や掃除の仕方は?

ひらひらとしたヒレや美しい色、コップやびんでも飼える手軽さで...

主婦の仕事は大変!うまく乗り切るには?

主婦の仕事は、手を抜こうと思えばいくらでも手を抜くことができ...

犬の鳴き声でご近所トラブル!?鳴き声を止める方法

犬を飼っていると、どうしてもついて回るのがご近所トラブル。無...

本籍と住所が違うのは何かこの先問題が起こる!?

本籍と住所。似ているようで全然違うものなんです。そもそも本籍...

スポンサーリンク


空気入れをする目安と頻度

タイヤの空気入れのタイミングや頻度を見ておきましょう。まずは空気入れをするタイミングです。空気入れはタイヤの空気圧をチェックした際に、空気圧が下がっていたら行いましょう。指定空気圧の数値は、タイヤのサイズと車種によって異なりますが、車の運転席側のドア付近、もしくは取扱説明書に記載されています。確認しておきましょう。タイミングとしては、できればガソリンを入れる際に、その都度チェックした方が良いでしょう。空気圧を測る際は、タイヤの温度に注意しておきましょう。何故なら、指定された空気圧は、タイヤが冷えている時の数値になっているからです。正しい空気圧を入れるには、タイヤが冷えた状態でないといけません。車を走らせると、タイヤの中の温度が上がり、空気圧も上がってしまいます。車を走らせてから測る場合は、タイヤが冷えるまで待つ必要がありますので、注意しておきましょう。このタイヤの空気圧の管理は、タイヤの寿命が長持ちするだけでなく、走行時の安定性や安全性が向上し、乗り心地がよりよくなるというメリットがあります。また、燃費も良くなるので、定期的に点検し、空気圧を管理しましょう。

空気入れはどこでできる?

空気入れはどこでできるのかについて見ておきましょう。基本的に、空気入れはガソリンスタンドやカーディーラー、カー用品店など、多くの場所で行うことができるだけでなく、多くの場合が無料となっています。中には数百円程度の料金が発生することもありますので、事前に確認しておくと安心ですね。ただし、先程も触れた通り、タイヤの空気圧を測るには一度タイヤを冷ます必要があります。そこで、自宅でしたいという方には、コンプレッサーの購入をおすすめします。お値段は少々張りますが、自宅で簡単に車のタイヤの空気入れができるようになります。とはいえ、作業するためのお金や時間、頻度を考えれば、頻繁に車に乗らない方には、お店などを利用するのがおすすめです。

ガソリンスタンドで空気入れをする場合

ガソリンスタンドで空気入れをする場合の方法について見ておきましょう。まず、ガソリンスタンドにおいてある空気入れは、誰でも自由に使用できます。ガソリンスタンドの空気入れにはエアゲージが付いているため、空気圧を見ながら入れることができ、もし入れすぎたとしても、その場ですぐ抜くことも可能です。どうしたらいいのかわからない場合は、ガソリンスタンドの店員さんに声をかけ、お願いすれば教えてもらえたり、実際にやってくれたりします。それでは手順についてですが、空気入れの機器は、ガソリンスタンドによって異なりますので、自信がない場合は店員さんに声をかけるのをおすすめします。ここでは代表的な空気入れによる手順を見ておきましょう。まず、タイヤの指定空気圧を確認します。次に、ホイールにあるバルブのキャップを取り外し、空気入れのノズルをバルブに対して垂直に押し付けます。ゲージに現在の空気圧が表示されるのを確認したら、レバーを引いてください。シューという音と共に空気が入ります。レバーを止め、ゲージの空気圧を確認し、入りすぎた場合、空気抜きのボタンを押して調整しましょう。これを何度か繰り返したら、キャップをして完了です。

車のタイヤの空気圧に要注意:高い場合

タイヤの空気圧に注意しなければならない理由について見ておきましょう。タイヤの空気圧を管理していないと、タイヤの寿命が短くなり、車の走行時の安定性や安全性が下がってしまいます。タイヤの空気圧は、高すぎても、低すぎてもいけません。まずは空気圧が高い場合について見ていきます。まず、タイヤの空気圧が高いと、突き上げが強くなって、跳ねやすくなるため、ハンドルをとられてしまい、事故に繋がる危険性があります。次に、タイヤに空気を入れすぎて膨らんでいるため、地面との接地面積が小さくなり、ブレーキの効きが悪くなるだけでなく、タイヤの中央部の摩耗が激しくなってしまいます。こうなると、雨の日は回らず、止まることもできなくなり、大変危険な状態に陥ってしまいます。また、気温が上がった時に、タイヤの中の温度も上がりやすくなり、更に空気圧が上がってしまう恐れもあります。こうして膨らんでしまったタイヤは、道路に落ちている物などを踏んでしまった時にパンクしやすくなってしまい、大変危険です。このように空気圧が高いだけでこれだけの危険性が伴うのです。

車のタイヤの空気圧に要注意:低い場合

空気圧が低い場合の危険性について見ておきましょう。まず、車のタイヤの空気圧が低いと、ハンドルが重くなり、燃費が悪くなるというデメリットがあります。また、高速道路などの走行時にタイヤが波打ったように変形し、不自然な振動が発生する、スタンティングウェーブ現象が発生しやすくなってしまいます。この現象が起こったまま、走行を続けた場合、やがてタイヤは振動による負荷に耐えられなくなり、バーストしてしまう恐れがあります。このようにタイヤがバーストした場合、例えパンク修理剤を車に積んでいたとしても、それを使って補修することは不可能とされています。何よりも、バーストしたことによる重大事故に繋がる危険性があります。空気圧は高くても低くても、多くのデメリットがあり、事故に繋がる危険性を孕んでいるのです。

まとめ

車にとって、タイヤの空気圧の管理は、事故防止のためにも必要な行為ということがわかりました。大きな事故に繋がる前に、自宅やガソリンスタンドで、一度タイヤの点検をしてみてはいかがでしょうか。皆さんがタイヤの空気圧をしっかり管理して、無事故の日々を送れますように。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ