日々の問題が早く解決しますように!

レスキューライナー

布団についた血の落とし方!

   

布団についた血の落とし方!

皆さんは布団に血がついてしまったことはありませんか? 鼻血やかきむしって出てしまった血や、女性であれば経血がついてしまった、などと布団に血がついてしまうケースは様々ありますよね。血というのは他の汚れと違って落ちにくい印象が強いですが、布団についてしまった血はどのようにして落とせばいいのでしょうか。そこで、今回は布団についた血の落とし方について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

登山初心者が知りたいリュックの容量 !

これから登山を始める方が知りたい事ってたくさんあると思います...

はじめての登山テント泊を快適にする便利グッズ !

日帰り登山から始まり小屋泊も経験したところで挑戦したくなるの...

手軽に登れる登山初心者にもおすすめしたい福岡の山!

九州の玄関口である福岡県。政令指定都市を2つも有する日本有数...

初めての登山で知っておきたいリュックの詰め方 !

登山をはじめるにあたって大切な3つの道具、リュック・ウェア・...

登山でテント泊を楽しむためのルール

山小屋の周りでカラフルなテントが立ち並ぶ光景を目にしたことが...

週末に行く関東日帰り登山が出来る百名山~中級編~

週末はできるだけ山にいたいと言う方が最近増えています。東京及...

万が一の雨登山でも心強い持ち物 !

待ちに待った登山の日、雨に降られてしまうのはなんとも嫌なもの...

日帰りや小屋泊に便利なバックパック30Lのおすすめ商品

日帰りにも小屋泊にも便利に使え、初心者が最初に持つバックパッ...

登山だけじゃない街にも合う服装が楽しめるおすすめブランド

過酷な自然環境から身を守ってくれる耐久性と機能性を備えた登山...

さあ登山デビュー!初心者だからこそ気を配りたい服装とは!

学校や職場で最近登山にはまっているって話しを聞く事ありません...

登山初心者におすすめしたい、快適登山の基本の持ち物。

「登山を始めたいけど、何を持っていったら良いのかわからなくて...

関東エリアの日帰り登山は電車でいこう!

「登山は荷物も多いし汗もたくさんかいて汚れるから、着替えもで...

窓のないトイレで上手に観葉植物を育てる方法と対処法!

マンションやアパートではトイレに窓がないことがほとんどですよ...

日々のトイレ掃除!どこから手を付けたらいいの?

トイレは毎日使う場所なので清潔に保ちたいですよね。でも油断し...

一人暮らしを初めてするのにかかる費用は?

大学進学や、社会人のため一人暮らしを始めたいなと考える人も多...

布団に発生したカビは洗濯で取り除くことができるのか ?!

ある日突然布団にカビが!!なんて経験がある方もいるのではない...

観葉植物でおしゃれな部屋に!初心者でも始めやすい?

部屋のインテリアとしても注目の観葉植物は今とても注目の人気ア...

酢は肌にどんな効果を与えるのか

健康にいいとして知られている酢ですが、実は健康だけでなく肌に...

観葉植物を初心者が育てるときのオススメ種類&アイテム!

部屋に観葉植物を取り入れたいと思いながらも、なかなか手が出な...

良い事づくめの断捨離で部屋を整える効果とは?!

断捨離という言葉を知ってますか?単純に無駄な物を捨てて部屋を...

スポンサーリンク


掛け布団に血がついてしまった場合の落とし方

掛け布団に血がついてしまった場合の落とし方について見ていきましょう。掛け布団は敷布団と違って揉み洗いや擦って洗うことができるので、敷布団よりは楽に洗えます。それでは手順を見ていきましょう。まずは血の付いた部分を確認し、その部分を水で擦りながら洗います。次に、台所用の中性洗剤または液体洗剤で念入りに揉み洗いすれば、ほとんど落ちます。あとは普段するのと同じように洗濯をして干すだけです。血の汚れを落とすコツは、血が乾いてしまわないうちに洗うことと、お湯ではなく、水を使うことです。お湯の方が落ちやすいと思われがちですが、実は、血は温度が高いと固まってしまう性質を持っています。ですので、何を洗うにしても、血を落とすときは、水を使いましょう。

石鹸を使った布団についた血の落とし方

ここからは敷布団についてしまった血の落とし方を見ていきます。まずは石鹸を使った落とし方について見ていきましょう。用意するものは石鹸と水、歯ブラシ、水で濡らした布またはタオルです。それでは手順を見ていきましょう。まずは石鹸を水で溶いて石鹸水を作ります。次に作った石鹸水を浸した歯ブラシで、血の付いた部分を、ブラシの方で軽く何度か叩いたら、今度は背の部分で叩いていきます。これを血が目立たなくなるまで繰り返し、最後に、水で濡らした布またはタオルで血の付いた部分を拭き取ったら、乾燥させて完了です。最後の水で濡らした布またはタオルで拭き取る工程は、石鹸水を拭き取る以外にも、輪染みという、血を落とした後に残る丸い跡を消す意味も含まれています。

その他の布団についた血の落とし方

まずは重曹とお酢を使った方法です。用意するものは使い捨ての容器、重曹、お酢、濡らした布またはタオル、使い捨ての布、掃除機です。それでは手順を見ていきます。最初に、用意した使い捨ての容器に、重曹とお酢を、同じくらいの量を入れてよく混ぜます。次に、使い捨ての布に、先ほど作ったものを含ませた上で、布団に数秒押し当て、濡らした布またはタオルで拭き取ります。数秒押し当てたら拭き取る、という作業を、血が目立たなくなるまで繰り返します。次に水で濡らした布またはタオルで拭き取って、乾いた重曹をふりかけたら、半日ほど放置します。仕上げにふりかけた重曹を掃除機で吸い取ったら完了です。このとき、掃除機の吸い取り口はあらかじめ消毒しておきましょう。

次に、酸素系漂白剤またはオキシドールを使った方法を紹介します。まず、漂白剤またはオキシドールを綿棒や歯ブラシにつけます。それを血の付いた部分を軽く叩いて、少しずつ落としていき、濡らした布またはタオルで拭き取ります。この作業を繰り返すことで少しずつ落ちていきます。他にも最近話題のセスキ炭酸ソーダを使用する方法もあります。まず、セスキ炭酸ソーダを大さじ1ほど用意し、100mlの水で溶かし、スプレーボトルに入れます。次に、それを血の付いた部分にスプレーして、濡らした布またはタオルで軽く叩きながら落とします。この作業を繰り返せば、血は薄くなっていきます。仕上げに、綺麗な濡らした布またはタオルで、セスキ炭酸ソーダを拭き取り、天日干しすれば、完了です。血を落とす方法は意外にもたくさんあるようです。

乾いてしまった血の落とし方

なかなか落ちにくい、乾いてしまった血の落とし方について見ていきましょう。それでは手順を見ていきます。まず、漂白剤をタオルに含ませ、血の付いた部分になじませたら、水でしっかりとすすぎます。この作業を繰り返すことで、血も目立たなくなります。漂白剤以外にも、使えるものがあります。それは大根です。まず、大根をすりおろし、それをガーゼで包みます。次に、それで血の付いた部分を軽く叩いていくと、少しずつ血が落ちていきます。大根は、すりおろしたもの以外にも、おろしてできた液体も使えます。大根をおろして出た液体をタオルにつけ、血の付いた部分に数秒ほど押し付け、仕上げに濡らした布またはタオルで拭き取って乾燥させれば完了です。これらは、大根に含まれる酵素が、血を分解してくれるため、乾いた場合にも有効なのです。大根は、多少古くなったものでも大丈夫ですので、試してみてはいかがでしょうか。

布団についた血を落とすときの注意点

布団についた血を落とすときの注意点について見ておきましょう。まず、布団についた血を落とすときは、必ずゴム手袋などを使用しましょう。自分のものでない血を扱う場合は、感染症のリスクがあります。しっかり対策しましょう。次に、漂白剤やオキシドールを扱う場合、布団の模様などが消えてしまう危険性があるため、色落ちさせたくないものには使わないようにしましょう。また、漂白剤を使用する際は、記載されている使用法に従うようにしましょう。次に、最初の方にも述べましたが、血は温度が高いと固まってしまいます。血を落とす際は、必ず水を使うようにしましょう。また、綿棒や歯ブラシを使って血を落とす場合、あまり強く擦ることはせず、押し当てたり、軽く叩いたりするようにするのがポイントです。最後に、これが一番重要ですが、すべての工程において、すぐに落ちないからと諦めるのではなく、効果が現れるまで何度か繰り返すようにしましょう。

まとめ

布団についてしまった血は、なかなか落ちないため、諦めている人も多いのではないでしょうか。しかし、布団は買い替えるのも大変な代物です。綺麗に落として、できるだけ長い間使えるといいですよね。皆さんが綺麗な寝具で眠ることができますように。

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ